ひふみ投信の資料請求体験談・・・実に簡単に口座開設ができる

このページでは、ひふみ投信の資料について記載しています。正確には「資料請求」ではなくて、ひふみ投信の藤野さんの所に、なぜ、ひふみ投信の運用成績が非常に良いのか、聞きに行った時に頂いた資料です(資料請求しても、全く同じものが届きます)

参考ひふみ投信に突撃インタビュー



さて、ひふみ投信の資料一式の写真です。中身を拝見した第一印象は、「非常に生真面目な作りとなっていて、投資の初心者の方や、女性の方にとって、かなり分かりにくいだろうな」と言う事です。




同じく独立系の投信会社である、セゾン投信にも積立て投資を行っていますが、セゾンの方が、資料は断然上ですね。かなり分かりやすい。

なので、口座開設につながるかどうか、非常に鍵となる部分だけに、この点においてひふみ投信さんには、改善をお願いしたいと思います。

同封されている資料のメインは、「ひふみ投信」と言う名の資料です。こちらもかなり地味すぎますが・笑、中身をみると、ひふみ投信の細部が、きちんと載っています。

運用成績が他のアクティブファンドよりも抜群に良い事以外に、 キャッシュポジションの比率を、株価の水準に応じて機動的に変更できる仕組み の2つのメリットが説明されていますね。

●投資開始から5年経過以降は、信託報酬が最大40%割引になる仕組み



さて、頂いた資料を読んで、次にするのは口座開設申し込み資料一式に記入して、返送する作業です。合計5枚の書類に記入します。うち2枚で記入ミスをしてしまって、届け出印を使って訂正しておきました。予備の書類も入っていた方が良いかもしれませんね。




で、これでOK!と安心して、書類を封筒に入れて風をして、気が付きましたよ。。。「あ!本人確認資料を入れ忘れた!!」って。再び、封を開けます。ビリビリと・・・・・。




健康保険書のコピーを入れて、また封を閉じましたが、こういうトラブルが続くと、「もう、や~めた!」と言う人も出てくるんじゃないでしょうか?

封筒の裏側には、少なくとも「最後にもう一度お確かめください」という記述と共に、封入する資料一式の名称を、列記しておいてほしいですね。

投資信託のかなりの経験者の僕でも、間違えたくらいですから、初心者の方は、けっこう戸惑う可能性があります。この辺りは、ひふみ投信さん、やはり要改善ですぞ!!


投資信託口座開設の申し込みは、下記リンクからどうぞ


ひふみ投信の公式サイトはコチラ



だいたい2,3日くらいで、口座開設申込書がお手元に届きます。





★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る