インデックス投資で1億4000万円蓄えた藤村昌之さん(仮名)

デイトレとかFXとか、あるいは不動産投資でもいいんですけど、儲けている人ってほとんどの人が「資産がいくら」とか、「今年は〇〇千万円儲けた」とか、そんな具体的な話をして盛り上がるじゃないですか。

でもインデックス投資家の内輪で、そのような金額が飛び交うようなことは、ほとんどありません(多分)。皆さん、一様に上品なんです。

ですので、日経マネーの2014年7月号に、会社員でありながら、インデックス投資で1億4000万円も資産を蓄えた藤村昌之さんの例が掲載されているのを見て、大いに驚きました


※2014年9月追記:
このお方のもう少々具体的な情報が分かりましたので、下記にも別コンテンツを用意しました。

成功したybさんはインデックス投資家の鑑

藤村さんのアセットアロケーション



藤村昌之さん(仮名)は東京都在住の会社員で、投資歴15年。20代半ばに投資に目覚めて、アクティブ投資信託、外貨預金、個別株、外貨FXなど、マネー誌に紹介されている投資を一通りやってみたものの、上手くゆかずに撤収した経験をお持ちです。

それ以来一念発起して投資の勉強をして、インデックス投資にたどり着いたようです。

インデックス投資と言ってもポートフォリオは本当に各人各様です。外国株と日本の債券クラスへの投資が大半だというのが、興味深いところですね。


 

ただし実は、積立金額が多いのが要因かな?

ただし、年収が1100万円もあって、さらにはダブルインカムで奥さまの給料だけで生活しているという事ですから、実は藤村さんの給料のほとんどは、貯蓄とインデックス投資に回っていることになります。

これはかなりレアケースで、ここまで毎月の投資金額を多額に捻出できる人は、そうそういないでしょう。

年収1100万円の人の手取り金額は、おおよそ770万円です。月額換算で64万円。まあ、15年前に同じ金額をもらっていたとは思えないので、話半分にして30万円くらいで積み立て投資をしたとしたらどうなるのか? シミュレーションの結果が下記です。




あれ? フルで回しても、7400万円にしかならないではないか!

という事はこの話、もともと資産が7000万円くらいあった人が、通常ではありえないくらいの金額を積み立てて到達した、およそ参考にならない例を挙げている可能性が強いです。

でも仮に、さらにあり得ない金額、毎月50万円積み立てることができたとしたら! なんと1億2200万円貯まります。同じ金額を預貯金に回したら(金利0.3%として)、9200万円ですので、その差は3000万円。

この部分が、インデックス投資で稼いだ金額と言えますね

実際のところは良く分かりませんが、インデックス投資の世界にもこういう「デカい話」があるんだと思うと、なんだかちょっと楽しい気分にはなりますね。





★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る