あおぞら・短期ハイ・イールド債券ファンド(為替ヘッジあり)(愛称:たんはい)の評価

あおぞら・短期ハイ・イールド債券ファンド(為替ヘッジあり)(愛称:たんはい)は、(満期までの残存期間がおおむね5年以内の)、短期の米国ハイイールド債券に投資する、為替ヘッジ付のアクティブ型投資信託です。2014年10月31日に設定されました。

ハイイールド債券(投資不適格債)は、発行体がデフォルトして金利支払いどころか元本も割れる可能性も高く、その分、表面上の利回りが高くなっているくず債券です。

あおぞら・短期ハイ・イールド債券ファンド(為替ヘッジあり)(愛称:たんはい)


本ファンドは、短期債に投資することで、金利変動リスクと信用リスクを下げることを狙っているファンドです。(もちろん利回りは低くなります) ただ、アクティブファンドにも関わらず、ベンチマークも参考指数もない欠陥ファンドです。

ケイマン籍の「グローバル・マルチ・ストラテジーズ・US・ショート・デュレーション・ハイ・イールド・ボンド・ファンド」 (為替ヘッジあり)(信託報酬0.40%)に、ファンドオブファンズ形式で投資しており、本ファンドの信託報酬1.025%(税抜)と合わせ、信託報酬が年1.425%もかかります。

高コストでベンチマーク自体なく、資産形成には不適なハイイールド債券に投資するという、良いところが一つも見当たらないダメファンドです。

(2016年3月24日)


 


あおぞら・短期ハイ・イールド債券ファンド(為替ヘッジあり)の概要

・購入単位:証券会社により異なりますがSBI証券では最低500円より購入可能。
信託報酬年率1.425%(税抜)(=投資対象ファンドの信託報酬0.40%+運用管理費用1.025%)
信託財産留保額:なし
・換金時手数料:あおぞら銀行のみ1.0%(税抜)、他はなし
・決算:年1回(10月20日)。
・資産配分比率: 米国ハイイールド債券32銘柄に投資。(2016年2月29日時点)

資産別組入状況は以下の通りです。
利回り10%超の米国ハイイールド債まで組入れられています。

あおぞら・短期ハイ・イールド債券ファンド(為替ヘッジあり)(愛称:たんはい) 組入上位10銘柄比率


(種別の列の「B」はハイイールド債をさしています。)

・償還日:無期限
・運用:あおぞら投信株式会社
・為替ヘッジ:あり



あおぞら・短期ハイ・イールド債券ファンド(為替ヘッジあり)の感想と評価

ハイイールド債券(クズ債券)のリスクの大きさに注意

満期までの残存期間が5年未満の米国の、ハイイールド債券(投資不適格債)に投資するファンドです。ハイイールド債券の表面上の金利の高さは、その利率にしないと誰も買わないほどリスクが高い(=値動きの激しい)ということです。

あおぞら・短期ハイ・イールド債券ファンドは、満期までの残存期間が5年未満の短期債に投資してはいますが、クズ債券であることに変わりはありません。

⇒参考:ハイイールド債の見かけの高利回りには騙されてはいけない


アセットアロケーションの外国債券部分には、ハイイールド債券ファンドなどを入れる必要はありません。リスクを減らすための債券で、逆にリスクを高めるなど、本末転倒です。


あおぞら・短期ハイ・イールド債券ファンドは、信託報酬が高すぎる

信託報酬も年1.425%と高く、この時点で投資価値はありません。そもそもベンチマークも参考指数もない欠陥ファンドです。アクティブ運用の手腕を判定することもできません。このコストが高いのか安いのか、全く妥当性を判断できません。

ハイイールド債券は見かけ上、利率が高いので、儲かりそうに思ってしまうのかもしれませんね。でもそんなことで、なけなしの投資資金を、金融機関に不用意に献上することが無いように、気を付けたいものです。


あおぞら・短期ハイ・イールド債券ファンド(為替ヘッジあり)の購入先

あおぞら・短期ハイ・イールド債券ファンド(為替ヘッジあり)をノーロードで購入できる銀行・証券会社は以下の通りです。
(あおぞら銀行のみ、売却時に換金時手数料が1.0%かかりますのでご注意ください。)

SBI証券楽天証券 あおぞら銀行


あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、 SBI証券 の利用がコストを徹底的に抑えられるのでベストだと思います。



 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る