ニッセイ北欧株式ファンド【愛称:オーロラスター】の評価

ニッセイ北欧株式ファンド【愛称:オーロラスター】は、スウェーデン、デンマーク、ノルウェーの北欧3ヶ国の株式を対象とする北欧株式アクティブファンドです。2016年1月27日より、運用が開始されました。

ニッセイ北欧株式ファンド【愛称:オーロラスター】


「株価上昇が期待される銘柄に厳選して投資を行い、信託財産の中長期的な成長を図ることを目標に運用する」と、アクティブ運用としてごく当たり前のことが書いてあるだけで、ベンチマークも参考指数もない欠陥アクティブファンドです。

信託報酬も年1.65%(税抜)と高く、さらに2021年1月満期償還予定と、資産形成には全く不向きのファンドです。

(2016年10月12日)


 


ニッセイ北欧株式ファンド【オーロラスター】の基本情報

・購入単位:SBI証券にて最低500円より積立購入可能。
信託報酬年率1.65%(税抜)
信託財産留保額:なし
・決算:年4回(1月20日、4月20日、7月20日、10月20日)
・資産配分比率:スウェーデン、デンマーク、ノルウェーの北欧3ヶ国の株式計30銘柄に投資(2016年8月31日時点)


国別構成比率は以下の通りです。スウェーデンが44.1%と、組入1位となっています。
ニッセイ北欧株式ファンド【愛称:オーロラスター】 国別構成比率


業種別構成比率は、以下の通りです。

ニッセイ北欧株式ファンド【愛称:オーロラスター】 業種別構成比率


組入上位10銘柄の構成比率は、以下の通りです。

ニッセイ北欧株式ファンド【愛称:オーロラスター】 組入上位10銘柄の構成比率


・償還日:2021年1月20日
・運用会社:ニッセイアセットマネジメント株式会社
・為替ヘッジ:なし


ニッセイ北欧株式ファンド【オーロラスター】、管理人の感想や評価

ベンチマークのないアクティブファンド

まず、アクティブファンドにも関わらず、ベンチマークも参考指数もない時点で、何の指標を上回ることを目的としているのかわからない、構造的に欠陥のある「ずるがしこいアクティブファンド」です。

結果的に運用状況をみても、北欧3ヶ国の計30銘柄の株式になんとなく投資しているだけで、誰でもできる簡単なファンドマネージャーのお仕事となっています。

アクティブファンドの使命は、ベンチマークを上回るリターンを出す事にあります。「北欧株の場合は個人投資家が気軽に投資できないため、ベンチマークなど要らないから北欧ファンドが存在しているだけで十分」、という人もいるでしょうけどね。

ただしそうなると、銘柄選択が吉と出たのか凶と出たのか、後日運用手腕も何も分からず、評価のしようが無い事は、よく認識しておきましょう。個人的には、のちのちに運用成績を評価できないファンドなどは購入価値のないファンドであると考えています。

そもそも、運用指標など無くても良いから北欧に投資できるだけでありがたい、などとお気軽に考えてしまう人の投資が上手く行くとは、どうも思えませんね。


信託報酬が年1.65%と、高コストすぎる

また、単なる北欧株式に投資するだけのファンドで、信託報酬が年1.65%(税抜)もかかるのは高すぎます。

今では、北欧を含む海外先進国に幅広く投資する株式インデックスファンドとして、超低コストのiFree 外国株式インデックス(信託報酬0.21%)が購入できる時代です。

そんな素晴らしい投資環境があるにもかかわらず、5年保有したら元本の8%がコストで失われるような本ファンドはあまりにも高コスト過ぎてとても検討に値しません。

さらに、2021年1月には満期償還予定と、設定からわずか5年しか運用する気がなく、資産運用には不向きです。買うからには5年間で絶対に成果が出てほしいとは、虫が良すぎます。

運用会社であるニッセイアセットマネジメントは、低コストインデックスファンドであるニッセイインデックスシリーズを運用しているファンドですが、本ファンドのようなぼったくりダメファンドを購入するカモがいるおかげで、低コストファンドの運用を続けることができる一因となっています。

皆様にはそのようなカモになることなく、アセットアロケーションのメインとなる先進国株式部分は、お勧めのインデックスファンドにあるような低コストの先進国株式インデックスファンドをメインにすれば良いでしょう。


ニッセイ北欧株式ファンドの購入先

ニッセイ北欧株式ファンド【愛称:オーロラスター】は、以下証券会社にてノーロードで購入できます。

SBI証券

証券口座選びに迷った場合は、 管理人神推しの証券口座のページ を参考にして下さい。
管理人的には、ポイント利用でコストを徹底的に削減する効果のある、SBI証券楽天証券の利用がベストだと思います。(どちらでもお好みのところを利用ください。)



 

★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る