バークレイズ・US・エマージング・ソブリン・マキシマム・レイティング・インベストメント・グレイド・インデックス

バークレイズ・US・エマージング・ソブリン・マキシマム・レイティング・インベストメント・グレイド・インデックス(Barclays US Emerging Sovereign Maximum Rating Investmemt Grade Indexrnment Index)とは、バークレイズ・バンク・ピーエルシーが算出し公表している指数で、新興国18ヵ国の米ドル建ての投資適格格付の国債を対象とする新興国債券指数です。

具体的には、新興国が発行する米ドル建ての国債のうち、バークレイズが定める基準により投資適格格付が付与されていることなどの、一定の要件を満たす国債の総合投資収益を時価総額比率で加重平均し、指数化したものです。

2015年11月末時点での組入銘柄数は150銘柄(時価総額37兆円)です。国別構成比率 及び 地域別構成比率は、下記の通りです。 

(2016年6月25日更新)


 



バークレイズ・US・エマージング・ソブリン・マキシマム・レイティング・インベストメント・グレイド・インデックス 国別構成比率(2015年11月末日時点)


構成国 比率
トルコ 14.6%
メキシコ 13.7%
ロシア 13.4%
インドネシア 10.8%
ブラジル 8.8%
フィリピン 8.7%
コロンビア 7.3%
その他11ヵ国 22.8%


バークレイズ・US・エマージング・ソブリン・マキシマム・レイティング・インベストメント・グレイド・インデックス 地域別構成比率(2015年11月末時点)


地域 比率
中南米 40.9%
中東・アフリカ 21.6%
アジア 19.4%
欧州 18.0%


バークレイズ・US・エマージング・ソブリン・マキシマム・レイティング・インベストメント・グレイド・インデックスをベンチマークとするファンド

バークレイズ・US・エマージング・ソブリン・マキシマム・レイティング・インベストメント・グレイド・インデックス(円ヘッジ)をベンチマークとするファンドとしては、以下があります。

ファンドの名称 信託報酬
SMT 米ドル建新興国債券インデックス・オープン(為替ヘッジあり) 0.60%

本指数は米ドル円の為替リスクがありますが、上記ファンドは為替ヘッジをしています。

また、新興国債券の市場規模は先進国債券市場のせいぜい5%程度です。アセットアロケーションに組み込む新興国債券ファンドの組入れは、少な目にしておく方がよいでしょう。

 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る