ベンチマークと参考指数について、その違いなどを説明

ベンチマークとは、ファンドの運用成果や投資収益目標、リスク管理の基準となる指数です。ファンドの資産対象に応じて、株価指数や債券指数など、ファンド毎にベンチマークとなる指数が設定され、ベンチマークとの値動きの比較によって、ファンドの運用の優劣を測る事ができます。

ベンチマークや参考指数


ベンチマークが設定されていない、やる気のないアクティブファンドも数多くありますので、そのような投資信託はよほどの理由が無い限りは購入しない方が無難です。

参考ベンチマークや参考指数が無い投資信託はロクデモナイぞ


主なベンチマークは以下の通りです。(あくまで代表的なものを取り上げており、これ以外のベンチマークも多数存在します。)


 


それぞれの資産クラスと、代表的なベンチマーク

  
資産クラス ベンチマーク
日本株式 TOPIX(東証株価指数)
日経平均株価
MSCIジャパン・インデックス
JPX日経インデックス400(JPX日経400)
TOPIX Core30
JASDAQ指数(JASDAQ INDEX)
JASDAQ-TOP20
日経ジャスダック平均株価
S&P/JPX配当貴族指数
先進国株式 MSCIワールド・インデックス
MSCI コクサイ インデックス
FTSE Kaigai・インデックス(FTSE Kaigai Index)
S&P先進国総合指数(S&P Developed BMI)
米国株式 ダウ工業株30種平均株価
S&P500
S&P500配当貴族指数
NASDAQ総合指数(ナスダック総合指数)
米国バイオテクノロジー株式 ナスダック バイオテクノロジー株指数(ナスダック・バイオテック指数)
米国エネルギー株式 S&P500エネルギー株指数
欧州株式 MSCIヨーロッパ指数(MSCIヨーロッパインデックス)
ユーロ・ストックス50インデックス
ユーロマネー・スモーラー・ヨーロピアン・カンパニー・インデックス
カナダ株式 S&Pトロント総合指数
スイス株式 SPIインデックス(SPI指数)
豪州株式 S&P/ASX200
新興国株式 MSCIエマージング・マーケット・インデックス
FTSE・エマージング・インデックス
S&P新興国総合指数(S&P Emerging BMI)
FTSE RAFI エマージング インデックス
新興国中小型株式 MSCIエマージング・マーケット・インデックス・スモールキャップ
アジア新興国株式 MSCIエマージング・マーケット・アジア・インデックス
東南アジア株式 FTSEアセアン40インデックス
MSCI東南アジアインデックス
太平洋株式 MSCI ACパシフィック・インデックス
MSCIパシフィック・エックスジャパン・インデックス
極東株式 MSCIオールカントリー・ファー・イースト指数(除く日本)
中国株式 MSCI チャイナ・インデックス
MSCI チャイナフリーインデックス
ハンセン指数
ハンセン中国企業株指数(H株指数)
FTSE中国25インデックス
FTSE中国50インデックス
メキシコ株式 メキシコボルサ指数(IPC指数)
BRIC株式 MSCI BRIC指数
ブラジル株式 ボベスパ指数
MSCI ブラジルインデックス(MSCIブラジル株価指数)
MSCIブラジル10/40インデックス
ロシア株式 MSCIロシア10/40インデックス
インド株式 MSCIインディア・インデックス(MSCIインド指数)
S&P/IFC Investable India
南アフリカ株式 FTSE/JSE アフリカTOP40指数
UAE株式 ドバイ金融市場総合指数
インドネシア株式 ジャカルタ総合指数
全世界株式 MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(ACWI)
MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス・スモールキャップ
FTSEグローバル スモール・キャップ インデックス
S&Pグローバル総合指数(S&P Global BMI)
日本債券 NOMURA-BPI総合
NOMURA-BPI短期
NOMURA-BPI MBS指数
日興債券パフォーマンスインデックス(総合)
シティ日本国債インデックス
先進国債券 シティ世界国債インデックス(除く日本)
シティ世界国債インデックス(WGBI)
シティ世界BIG債券インデックス
UBSオーストラリア債券(総合)インデックス
シティ・オーストラリア国債インデックス
シティ欧州世界国債インデックス
バークレイズ世界物価連動国債インデックス(除く日本)
カナダ社債 FTSE/TMX カナダ・オール・コーポレート・ボンド・インデックス
ハイイールド債券 マークイット iBoxx 米ドル建てリキッド・ハイイールド・キャップト指数
バンクオブアメリカ・メリルリンチ・USハイ・イールド・コンストレインド・インデックス
バークレイズ・ハイ・イールド・ベリー・リキッド・インデックス
バークレイズ米国ハイイールド社債インデックス
バークレイズ米国ハイイールド社債高流動性インデックス
新興国債券  JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス・エマージングマーケッツ・グローバル・ディバーシファイド
JPモルガン・エマージング・マーケット・ボンド・インデックス・プラス
バークレイズ・US・エマージング・ソブリン・マキシマム・レイティング・インベストメント・グレイド・インデックス
インドネシア債券 シティ・インドネシア国債インデックス
米国優先株式 S&P米国優先株式指数
国内リート  東証REIT指数
S&P日本REIT指数 (S&P J-REIT指数)
米国リート S&P米国REIT指数
FTSE NAREIT Equity REITs インデックス
欧州リート S&P欧州REIT指数
豪州リート S&P/ASX 200 A-REITインデックス
先進国リート S&P先進国REIT指数
S&P先進国REIT指数(除く日本)
GPRグローバルハイインカムリートインデックス
UBSグローバル・リアル・エステート・インベスターズ・インデックス
新興国リート S&P新興国リートインデックス
全世界リート S&Pグローバルリートインデックス
全世界不動産 S&Pグローバル不動産指数
MLP SGI PGS MLP Top 20 Index
BDC S&P BDC指数
コモディティ S&P GSGIコモディティ・インデックス(S&P GSGI商品指数)
S&P GSGIライト商品指数
ブルームバーグ・コモディティ・インデックス
トムソン・ロイター・コアコモディティー・CRB指数
LBMA金価格
ヘルスケア MSCIワールド・ヘルスケア・インデックス



ベンチマークに関して、より具体的に説明

ファンド毎に設定されるベンチマークと同じ値動きとなるような運用成果をめざし、ベンチマークとのかい離(トラッキングエラー)が少なくなるように運用するものが、インデックスファンドです。

ベンチマークに組み入れられている銘柄を、その構成比と類似するように保有することが基本となります。

また、ある一定期間において、ベンチマークを上回る運用成果を目標とするものがアクティブファンドです。ただアクティブファンドによっては、ベンチマークを設定せずに運用成績が悪いことを隠すものも多く、そのような投信は決して選ばないように注意する必要があります。

上に記した表にの各ベンチマークにおいて、株式指数やリート指数は配当込みでないことが一般的です。逆に債券指数は、利子込みであることが多いです。

インデックスファンドアクティブファンドともに、対象となるベンチマークが何なのか、そのベンチマークは配当込みなのかどうかを確認の上、配当込みや利子込みの指数と比べて、ファンドの基準価額の値動きがどうなっているのかをチェックする必要があります。

なお、ベンチマークではなく参考指数(次の項参照の事)を定めていることもあります。参考指数もベンチマークとほぼ同じ意味ですが、ベンチマークよりも裁量が大きい自由度の高い運用をすることが多いです。

ただ、アクティブファンドの場合、参考指数の名を元に、指数に劣った運用をしてもそのままごまかしているものもありますので、こちらも注意が必要です。



では、参考指数とは何か?

参考指数(参考指標)(Reference index)とは、ベンチマークと同様、ファンドの運用成果や投資収益目標、リスク管理の基準となる指数(指標)です。

ベンチマークの設定されていないファンドであっても、参考指数は設定されていることがあります。参考指数はベンチマークとほぼ同じ意味ですが、参考指数のみ設定されているファンドは、ベンチマークよりも裁量が大きいより自由度の高い運用をすることが多いです。

一般的には参考指数としては、そのファンドの投資対象となる資産の代表的な指数(株価指数や債券指数)が設定されます。

ベンチマークの設定されていないアクティブファンドだからと言って、参考指数より劣ったリターンでも良いわけではなく、当然配当込みの参考指数よりも良いリターンを出さないと存在価値はありません。

当サイトでは、ベンチマークも参考指数も同じようにアクティブファンドのリターン優劣の基準として評価・解説しています。

⇒参考:インデックスファンドと、ベンチマークから乖離する問題について


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る