分別管理

投資信託は、販売会社が販売し、投信運用会社が運用を指図し、信託銀行がその指図に従って、株式や債券などの売買や資産管理を行います。

分別管理とは、信託銀行が投資信託などで投資家から集めた信託財産を自行の財産とは区別して保管・管理することをさします。

販売会社、運用会社、信託銀行の3社がからむ複雑な仕組みは、投資信託としての資産を守るためのものです。

投資信託は信託財産として金融機関の資産とは厳密に区別されて分別管理されており、万が一、販売会社や運用会社、信託銀行のいずれが破綻しても、投資家の資産は保護されます。

銀行預金の場合、ペイオフ制度により(1つの銀行あたり)1000万円とその利息分までしか預金保険機構に保護されませんが、投資信託は分別管理によって上限なく保護される仕組みです。


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る