長期投資のカリスマたちが一堂に会するセミナーに参加してみませんか?

先日、興味深いニュースが報じられていた。それがこれ。

ネット証券の口座開設、申し込み急増 個人「買い時」と判断

 株価の乱高下が続く中で、新たに株取引を始めようとする個人投資家が急増している。10月になって、大手インターネット証券に口座開設を申し込んだ人数は、9月に比べて2倍以上に膨らんでいる。低迷する株価水準を「買い時」と判断している個人が多いことを反映しているようだ。

 ネット証券最大手のSBI証券では10月、1日平均の申し込みが1993件と9月(851件)の2.3倍に急増。松井証券でも10月は同様に前月比2.3倍の619件に上った。申込者のうち、投資経験ゼロの人が6割を占めるという。松井は「未経験者の資産は傷んでいないので、含み損を抱えた経験者よりも投資に積極的なようだ」と分析している。
[10月18日/NIKKEI NET]

中でも、投資経験ゼロの人の申し込みが6割も占める、と言うのにびっくり。

けれども、実際に口座を開設していざ投資行動に移ろうという時に、いったい自分の投資の軸足はどこにあるのか? どのような目的で、何に投資し、どのくらいの期間保有すれば良いのか?

たぶん、全く分かっていないんじゃないかと思う。

ある程度勉強をしないと、株や投資の世界は簡単には儲ける事はできません。しかし、機関投資家やデイトレーダーになるわけでもないのですから、変に勉強ばかりするのも考えものです。

実は、庶民には庶民なりの投資方法と言うものがあります。

それが、

時間を味方につける事が出来る

と言う点です。

機関投資家などは、年単位、もしくは四半期単位で成果を出さねばなりません。デイトレーダーに至っては1日から数日。これがどんなにキツイ事か。

本業を持つ庶民に適した投資方法とは、とても言えません。

時間を味方につけて、数年単位でじっくりとお金を増やしてやる。これが本来望ましい投資スタイルだと、管理人は考えます。

あくせくせずに、自分のお金を「投資」という形で社会に投じ、それを必要としている人が使ってくれる事で、お金が世の中を循環し、自分に戻ってくる時にはそれが増えている・・・・。

こういった、

お金に働いてもらう

と言う考え方が身の丈に合っていて、良いと思うのですが。


ちょうど今週の土曜日、こういったコンセプトで投資セミナーが開催されます。

講師を務めるのは、

さわかみ投信 セゾン投信 マネックスユニバーシティ
澤上代表 中野社長 内藤社長

(マネックスユニバーシティは、マネックス証券を有するマネックスグループと、トヨタFS証券の子会社で、投資教育を基幹事業としています)

このお三方、長期投資を勉強する際には、耳にたこが出来るくらいお名前を聞く事になります。

長期投資のカリスマたち、と言っても過言ではありません(と言うか、現にそう呼ばれています)。

ただし、3人が一堂に会して講演を行う機会と言うのは、実は年に1回あればいい方です。しかも、質疑応答の時間まであるので、投資に関する疑問点をぶつける事もできます。


大変貴重、かつ豪華なセミナーですので、管理人も出席します。1500円の有料のセミナーですが、たったこれだけのお金で、投資のエッセンスが濃縮された贅沢な時間を過ごす事が出来るのですから、安いものです。

定員までまだ少し余裕があるようですので、ご興味ある方は、是非どうぞ!

http://www.pfj.ne.jp/seminer.php

なお、セゾン投信のサイト内でもオンラインセミナー(録画映像)をいつでも好きな時間に聞く事ができます。こちらもあわせて参考にしてみて下さい。

⇒セゾン投信『オンラインセミナー』

コラム・投資信託一刀両断!に戻る

★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る