ちょっと待った!そのファンド!もっと良いファンドを選ぶコーナー

銀行や証券会社(ネット証券も含む)で投資信託を購入する際、人気ランキングなどを参考にしたり、もしくは過去の実績があるからとか、将来の値上がりを期待できるとか、それなりのセールストークによってつい購入してしまったと言うファンドが、実に多いです。

でもそんなファンドは本当に良いファンドなのか? 将来永遠にファンドの価格が値上がりするとは限りません。ついこの間まで、あれほど高騰していた中国やインドの株価も、金融危機では大暴落しました。(参考までに、下記は中国・香港の株式指数)

香港・ハンセン指数の10年の推移


今は再度上昇していますが、とにかく急騰時には、まさかこんなにもドタバタするとは夢にも思わなかったですよね?

ファンドの将来の成績を事前に予測する事は、ハッキリ言って不可能です。そのような状況の下で、一つだけ確実に言える事。

そう! ファンド選びの要は、何と言ってもコストである、と言う事。価格が下落しても、コストはしっかりと取られます! コストと言う観点で見てみると、今まで銀行などが「良い」と言って薦めてきたファンドが、いかに「良くない」か、すぐに分かります。

当コーナーでは、特に人気の高いファンドを選び、他に選択肢は無いのか、検討します。皆さんのファンド選びの参考になれば幸いです。


 


このコーナーで紹介している投資信託(これより良いファンドが有るという事)

グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)(グロソブ)
シュローダーBRICs株式ファンド
大和 ストック インデックス 225 ファンド
日興五大陸株式ファンド
日本株式SRIファンド
野村世界6資産分散投信(成長コース)
野村世界6資産分散投信(分配コース)
野村世界6資産分散投信(安定コース)
野村資産設計ファンド 「愛称 : 未来時計」
フィデリティ・日本配当成長株投信
DIAM世界リートインデックスファンド(毎月分配型)
GS 日本株式インデックス・プラス


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る