シティ世界国債インデックス(WGBI)

シティ世界国債インデックス(WGBI)(Citi World Government Bond Index)とは、シティグループ・グローバル・マーケッツ・インクが算出・公表している日本を含む世界各国の国債市場の値動きを表す代表的な指数です。

2003年4月に「ソロモン・スミス・バーニー世界国債インデックス」から「シティグループ世界国債インデックス」に名称変更され、2014年4月に再度現在の名称に変更されました。

シティ世界国債インデックスの組入基準は以下の通りです。

 最低残存期間  1年
 市場規模  500 億米ドル、400 億ユーロ、5 兆円 (額面基準)
 最低残存金額  米国:50億米ドル、カナダ:25億カナダドル、日本:5000億円など各国ごとに異なります。
 最低格付け S&P あるいはムーディーズの A-/A3
 参入障壁 海外投資家の参加を積極的に促し、その方針への一貫性が示されていること。


上記の市場規模や信用格付け、参入障壁をクリアした日本を含む先進国を中心とする主要23ヵ国の自国通貨建て国債のみで構成されています。(国債以外の社債等は含んでいません)

指数 投資対象国  指数  指数
シティ世界国債インデックス(23ヶ国構成)  日本  シティ日本国債インデックス
 先進国22ヵ国(除く日本)  欧州15ヶ国 シティ世界国債インデックス(除く日本)  シティ欧州世界国債インデックス
 欧州以外の7ヵ国  

上の表にあるように、日本を除く先進国債券指数として最もよく使われるシティ世界国債インデックス(除く日本)の上位指数です。

最も有名な、日本を含む先進国債券指数として、企業年金のパフォーマンス評価や先進国債券ファンドベンチマーク参考指数に用いられています。


 


シティ世界国債インデックスの構成内容

本指数の国別構成比率、組入上位銘柄構成比率は以下の通りです。アメリカ、フランスなどの先進国の国債の他、日本も約22%含まれています。
またメキシコや南アフリカ、マレーシアなど新興国の国債もわずかに入っています。

シティ世界国債インデックス 国別構成比率(2015年6月時点)
構成国(計23ヶ国) 組入比率
 アメリカ  32.85%
 日本  21.97%
 イタリア  7.55%
 フランス  7.50%
 イギリス  6.62%
 ドイツ  6.00%
 スペイン  4.12%
 ベルギー  2.02%
 オランダ  2.01%
 カナダ  1.79%
 オーストラリア  1.38%
 オーストリア  1.25%
 メキシコ  0.86%
 アイルランド  0.62%
 デンマーク  0.55%
 フィンランド  0.46%
 ポーランド  0.45%
 南アフリカ  0.43%
 マレーシア  0.41%
 スウェーデン  0.38%
 シンガポール  0.29%
 スイス  0.25%
 ノルウェー  0.23%


シティ世界国債インデックスのポートフォリオ特性は以下です。

シティ世界国債インデックス ポートフォリオ特性(2015年6月時点)
ポートフォリオ特性
 修正デュレーション  7.2年


シティ世界国債インデックスを指数とする投資信託

シティ世界国債インデックスをベンチマークとしているファンドには以下があります。

ファンドの名称 信託報酬(税抜)
グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型) 1.25%
ブラックロック・ワールド債券ファンド(為替ヘッジなし) 1.50%

シティ世界国債インデックスは国債のみの構成ですが、事業債や政府機関債など国債以外のものも含んだより幅広い指数としては、シティグループ世界BIG債券インデックスがあります。

(2015年7月5日)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る