コモンズ30+しずぎんファンドの評価・問題点

コモンズ30+しずぎんファンドは、コモンズ30ファンドマザーファンド静岡銀行株1銘柄にファミリーファンド方式で投資する日本株式アクティブファンドです。2014年12月29日よりコモンズ投信にて運用が開始されました。

コモンズ30ファンドに90%、静岡銀行の株式に上限10%で投資することで「世界成長を地域に取り込み、静岡銀行への投資を通じて地域経済・文化の発展に貢献」する(棒)とのこと。

ですが、マネックス証券ではノーロードで購入できるにも関わらず、コモンズ30+しずぎんファンドの場合は静岡銀行では販売手数料が2.0%(税抜)かかり、静岡銀行ただ1社に追加投資するだけで「地域経済の発展に貢献」と主張している点は大いに疑問です。

実体はただの抱き合わせ販売です。当然、購入の必要性は感じられないものとなっています。

(2015年6月14日更新)



 


コモンズ30+しずぎんファンドの概要

・購入単位: 1万円より購入可能。
信託報酬年率1.15%(税抜)
信託財産留保額:なし
・決算:年1回(12月18日)。
・資産配分比率: コモンズ30ファンドに91.6%、静岡銀行に8.6%の比率で投資(2015年4月30日時点)
・償還日:なし
・運用:コモンズ投信
・為替ヘッジ:なし(投資対象に為替リスクはありません)


コモンズ30+しずぎんファンド・管理人の感想

わざわざ投資する意義について、疑問に感じる

コモンズ30ファンドは、コモンズ投信の他、SBI証券などネット証券や、ソニー銀行のみでの販売でした。

今回のコモンズ30+しずぎんファンドは、マネックス証券と初の地銀である静岡銀行での取扱いとなりますが、なぜか静岡銀行にも上限10%以内で投資するというコンセプトになっています。

どうして静岡の企業複数に分散投資せず、静岡銀行ただ1企業に追加投資するだけで、「地域経済・文化の発展に貢献」できるのか謎です。

銀行は様々な域内企業へ融資を行っている先だから、そこに投資することに意義があるというならば、「コモンズ30+静岡ファンド」にしていただいて、静岡銀行だけでなく、清水銀行やスルガ銀行など、上場している他の銀行にも投資するならば、自然だと思います。まだ。

下記がコモンズ投信による「コモンズ30+しずぎんファンドに込めた想い」とのこと。




視聴しても表面的な説明だけで、全く何も伝わってこないのは私だけでしょうか? なんと申しますか、澁澤健さんの説明がインテリっぽ過ぎて、一般大衆には伝わらないのではないでしょうか? 管理人の頭が悪いからなのか、1回見ただけでは、何が言いたいのかほとんど分かりませんでした。。。

いずれにせよ、コモンズ30ファンドを静岡銀行で販売するために、(売れ行きの悪い商品をテコ入れしてもっと売るために??)、コモンズ30ファンドが厳選して投資する対象の30社に入っていない静岡銀行を、最大10%も組入れるのです。

コモンズ30ファンドそのものが、「いったい何だったのか?」と感じてしまうのは、管理人だけなのでしょうかね。

そして、コモンズ30ファンドを購入する場合には必要のない、販売手数料2%がかかるファンドに対して「地域の皆さまの積立てを中心とした長期的な資産形成に貢献できる」というのも、何とも変ですね。

コモンズ投信だけでなく静岡銀行に対しても、長期投資用ファンドを用いて購入手数料を2%も取るとは、どういう了見なんだ?という憤りに近いものすら心の奥から湧いてきます。

ベンチマーク参考指数が無い欠陥アクティブファンドであるのも相変わらずで、信託報酬も年1.15%と高く、資産形成に不向きであることは言うまでもありません。


草食投資隊3社の新しい販路についての方向性が揃った

それにしても草食投資3社と言われる、セゾン投信ひふみ投信、コモンズ投信がそれぞれ、直販以外に販路を模索している方向性がある程度揃いましたね。

セゾンは直販に一番こだわりましたが、日本郵便の出資を40%も受け入れて、今後は郵便局で長期投資の啓もう活動をするものと思われます。

セゾンには常に大企業の論理が働いていますから、将来もしも日本郵便の出資比率が引き上げられて、7割くらいが日本郵便になったら、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドはJP・グローバル・バランスファンドと名称変更したうえで、郵便局での販促が行われる可能性も、頭の片隅に入れておいた方が良いかもしれません。

ひふみ投信の販売方針は実に地道で、SBI証券などでも販売を始めたひふみプラスを、その理念が伝わる地方銀行限定で、販売を開始しています。この販売方式は、長期投資を広げることはあれども、妨げになることは一切ありません。実に評価できる。

これに対して残されたコモンズ投信は、ちょっと今回はさすがにナシだろ!と思ってしまったのは、管理人だけではないと思いますね。おそらくこのやり方では、長期投資家の反感を買うだけだと思います

もしも「コモンズ30ファンド+●●銀行販売方式」が全国に広がっていったらと考えると・・・。いや、考えたくありませんね。今回限りでお止めいただきたいです。


コモンズ30+しずぎんファンドの購入先

コモンズ30+しずぎんファンドは、マネックス証券と静岡銀行のみでの取扱いです。コモンズ投信での販売はありません。ノーロードで購入できるのはマネックス証券のみです。


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る