D-I’s 外国債券インデックスの評価・解説

D-I’s 外国債券インデックスは、日本を除く先進国の国債を対象とするシティ世界国債インデックス(除く日本)ベンチマークとする先進国債券インデックスファンドです。

D-I’s インデックスシリーズ(ディーアイズインデックスシリーズ)の1つとして、2013年12月9日より運用が開始されました。

信託報酬が年0.55%(税抜)と野村インデックスファンド・外国債券とも肩を並べる低コストファンドですが、ノーロードでは愛媛銀行のインターネットでしか購入できません。

運用開始1年以上が経過しても、D-I’s 外国株式インデックス 同様に純資産総額がわずか100万円しかないというマイナーすぎるファンドなのが残念です。

(2014年12月14日)

D-I’s 外国債券インデックスの特徴・評価

・購入単位:1万円以上1円単位
信託報酬年率0.55%(税抜)
信託財産留保額:なし
・決算:年1回(11月30日)。2014年の初回決算での分配金は0円でした。
・資産配分比率:シティ世界国債インデックス(除く日本)構成銘柄のうち、718銘柄の外国の国債に投資(2014年11月28日時点)

格付別、残存期間別構成比率は以下の通りです。

D-I’s 外国債券インデックス 組入国債の格付別、ポートフォリオ特性値


・償還日:無期限
・運用:大和証券投資信託委託株式会社
・為替ヘッジ:なし

 



D-I’s 外国債券インデックス・管理人の感想

先進国債券インデックスファンドとして、信託報酬0.55%(税抜)と低いことが評価できます。

ただ、ノーロードで購入できるのは愛媛銀行のインターネットのみです。存在自体知られておらず、運用1年が経過しても純資産総額はわずか100万円しかありません。

愛媛銀行のサイトには「愛媛銀行インターネット専用ファンド」と書かれており、販売先も増えそうにないため、このまま繰上償還される懸念があります。

低コストインデックスファンド が豊富に選べる時代にわざわざ購入する必要はありません。


 


D-I’s 外国債券インデックスの購入先

D-I’s 外国債券インデックスをノーロードで購入できるのは、愛媛銀行(インターネット専用)のみです。

管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。

★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る