D-I’s グローバルREITインデックスの評価

D-I’s グローバルREITインデックスは、日本を除く先進国のリート(不動産投資信託)を投資対象とするS&P先進国REIT指数(除く日本)ベンチマークとする先進国REITインデックスファンドです。

D-I’s インデックスシリーズ(ディーアイズインデックスシリーズ)の1つとして、2013年12月9日より運用が開始されました。

信託報酬が年0.55%(税抜)とS&P先進国REIT指数(除く日本)をベンチマークとするインデック
スファンドとしては、SMT グローバルREITインデックス・オープン等と並ぶ低コストです。

ノーロードでは愛媛銀行のインターネットでしか購入できないため、超マイナーなファンドとなっています。

(2014年12月15日)

D-I’s グローバルREITインデックスの特徴・評価

・購入単位:1万円以上1円単位
信託報酬年率0.55%(税抜)
信託財産留保額:なし
・決算:年1回(11月30日)。2014年の初回決算での分配金は0円でした。
・資産配分比率: 日本を除く先進国リート297銘柄に投資 (2014年11月28日時点)

通貨別、国別、、用途別構成比率は以下の通りです。

D-I’s グローバルREITインデックス 国別構成、業種別構成比率


・償還日:2028年11月30日まで(延長可能性あり)
・運用:大和証券投資信託委託株式会社
・為替ヘッジ:なし

 



D-I’s グローバルREITインデックス・管理人の感想

先進国リートインデックスファンドとして信託報酬0.55%(税抜)と低コストインデックスシリーズの中でも最も低いことが評価できます。

ただ、ノーロードで購入できるのは愛媛銀行のインターネットのみです。そのため、純資産総額はまだ600万円しかありません。(いいんですかね、こんなレベルで)

同じベンチマークのインデックスファンドとしては、同じ信託報酬でも取扱会社が多く、純資産総額もずっと多いSMT グローバルREITインデックス・オープン野村インデックスファンド・外国REITを選ぶべきです。

また、新興国リートも含むより幅広い投資対象に信託報酬0.45%(税抜)で投資できる<購入・換金手数料なし>ニッセイ グローバルリートインデックスファンドも有力な選択肢として良いでしょう。


 


D-I’s グローバルREITインデックスの購入先

D-I’s グローバルREITインデックスをノーロードで購入できるのは、愛媛銀行(インターネット専用)のみです。

管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。

★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る