ドル・コスト平均法

投資信託や株式など、価格が変動する商品を定期的に決まった金額を購入する運用法。定期的に継続して買付けすることで、値上がりしているときは少なく、値下がりしているときは多く買付け、平均買付け単価を引き下げる効果がある。

このため、長期間買い付けを継続すれば、結果的に買い付け単価が平準化される効果が期待できる。 詳しくは、投信積み立ての恐るべきパワー!、またはバブル期に投資信託を開始した人は損をしたのか?をご覧下さい。

ただし、ドル・コスト平均法と言えども、「買い付け単価の平準化効果」があると言う事で、絶対に利益が出ると言う事ではないので、混同してはいけません。(例えば解約時点で基準価額が大幅に下がってしまえば、損失を被る事もあります。)



 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る