管理人が日本で一番高く評価する、SBI証券投資信託の評価解説

お得情報・当サイト限定で、キャンペーン実施中です

現在SBI証券では、当サイト「ノーロード投資信託」と共同で、口座開設キャンペーンを実施中です。どうぞご利用下さい! 全員に、現金2000円プレゼントです!

SBI証券&当サイト・期間限定キャンペーンで口座開設する人はコチラ

SBI証券


なお、当サイトとDMM.COM証券のタイアップ企画も併せて利用されますと、リスクなし(あるいはほぼ無し)に現金が1万2000円ももらえてしまいます

当サイト限定・現金1万2000円のプレゼントキャンペーン(税金無し)はこちら

(2017年1月19日更新)

みんな、もっとSBI証券を骨の髄までしゃぶりつくそう!

ネット証券最大手、日本で初めて300万口座を達成した会社です。現物株の売買だけでなく、当サイトで紹介している投資信託、外貨FX、各種債券、外国株式、先物取引、eワラントなど、ここSBI1社で、あらゆる金融商品がワンストップで売買可能な総合ネット証券です

最大手にもかかわらず、破格の売買手数料と各種サービスの充実は目を見張り、それゆえに最も人気の高いネット証券会社なのでしょう。ノーロード投資信託の取り扱いも非常に多く、ぜひ口座を開設しておきたい先です。

SBI証券の人気の秘密



特徴①:全1079本のノーロード投資信託を取り扱い

ノーロード投資信託の本数は全部で1079本で、楽天証券をしのぎ、ネット証券においてはナンバーワンの本数となっています。(平成28年11月13日現在)

SBI証券


世界経済インデックスファンドのような、特筆すべきバランス型のノーロード投信も販売されており、使い勝手が良好です。当サイトが自信を持ってお勧めするインデックスファンドは全て、SBI証券で利用が可能です。

ちなみに、SBI証券ホームページの投資信託売れ筋ランキングを見てみると、上位ファンドの多くがノーロードタイプです。投資家の皆さんも、手数料を取られない投信を賢く選択されているのが分かります。



特徴②:ネット証券会社として高い評価

冒頭に記した通り、SBI証券は現物株の売買手数料が最低価格帯です。これだけでも評価できますが、投資信託、外貨FX、先物取引、eワラント、海外株式、海外ETFなどなど、あらゆる金融商品を網羅しており、この証券会社の口座を持っているだけで、ほとんど全ての取引をここだけで実施できるようになり ます。

SBI証券のサービスイメージ


2016年11月13日時点での、投資信託の総取り扱い本数は、2393本と、大幅に増えております。なお、ここでは詳しい説明は省略しますが、興味のある方は下記より、中身をご確認いただければ幸いです。

⇒参考:SBI証券のメリット、及び可能な取引など



特徴③:500円からの投信積み立てに対応

嬉しい事に、たった500円から投資信託の積み立てが可能です。仮に月額1万円程度、投資に回せる資金が有ったとしたら、複数のファンドを購入する事で、世界中に分散投資する事が可能です。

どうしても500円しか投資に回せないと言う人でも、次項でご紹介する低コストのバランス型投資信託を、500円で買い付ける事も可能です。これによって、日本のほとんどあらゆる人に、投資のチャンスが巡ってきた事になります

なお、500円からの投信積み立てが可能な証券会社は、いくつかあります。自分に合ったところを選択すると良いでしょう。

⇒参考:500円からの投信積み立て完全比較



特徴④:専用ファンド保有でほったらかし投資も可能

SBI証券の投資信託のラインナップは多岐にわたり、ほとんど全ての人が、希望する投資信託を選ぶ事が出来ると思います。

しかし中には、「有りすぎてどれを選んでよいか分からない」と言う人もいらっしゃると思いますので、そんな方にはSBI証券専用の、バランス型ファンドがおススメです。

1本購入するだけで、世界中の先進国及び新興国の株や債券、更には不動産に分散投資する事が可能です。定期的に積み立てれば、あとはファンドが自動的に資産の調整(リバランス)をやってくれるので、本当に楽チンです。

コストも極めて低廉で、こんなに便利な投資信託を買い付けられるようになったとは、今は本当に良い時代です。なお、SBI証券専用ファンドの詳細は、下記をご覧ください。

SBI資産設計ファンド(愛称:スゴ6)
世界経済インデックスファンド(主要なネット証券とソニー銀行でも販売販売)



特徴⑤:投信積み立てでポイントが貯まる(実はこれが凄いのだ)

SBI証券で投資信託の積立購入をした方は、

・月の平均保有額が1,000万円以上 → 月間平均保有額×0.2%(年率)
・月の平均保有額が1,000万円未満 → 月間平均保有額×0.1%(年率)


のSBIポイントがプレゼントされます。さらっと書いていますが、実は上記の分、投資信託のコストが下がるって意味ですから、これは凄い仕組みです

それ以外にも付与されたSBIポイントは、現金や商品と交換できるほか、下記のポイントに交換することも可能で、非常に魅力出来です。

SBI証券のポイントサービス



特徴⑥:住信SBIネット銀行との連携が極めて便利

先行開業した楽天銀行を既に抜き去り、ネットバンク最大手のソニー銀行に迫る勢いで支持を広げているのが系列のネットバンク、住信SBIネット銀行です。既存の銀行とは比べ物にならないくらい進化した、使い勝手の良い銀行として評価が高いです。

銀行の内容チェックと口座開設なさる方はこちらからどうぞ



SBI証券の口座開設申し込み先

当サイトでは、SBI証券と提携することで、当サイトだけのお得なキャンペーンを用意しています。現金2000円をいただきながら口座を開きたい人は、下記よりどうぞ

SBI証券&当サイト・期間限定キャンペーンで口座開設する人はコチラ


ますます注目!個人型iDeCo(イデコ・確定拠出年金)ならSBI証券

法律が改正され、2017年1月以降、ほとんどの国民が利用可能になった個人型iDeCo(イデコ・確定拠出年金)ですが、これは「節税と資産形成が同時にできる」、とんでもなく優れた仕組みです。

確定拠出年金のメリット


当サイトでもiDeCoの大きな魅力について、iDeCoでインデックス投資のページにて詳細に解説しています。そしてそのiDeCoにおいて、楽天証券と共に第一の選択肢になるのが、SBI証券のiDeCo口座です。

詳細はSBI証券のiDeCo口座は素晴らしい!のページをご覧いただいて、ぜひ非課税口座で資産運用していただければと思います。もちろん管理人もSBI証券を利用しています。


SBI証券のiDeCo口座を開設する手続きはコチラ


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る