EXE-i グローバル中小型株式ファンドの評価・解説

EXE-i グローバル中小型株式ファンドは、MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス・スモールキャップを参考指標とし、日本も含む先進国、新興国全体の中小型株式市場の値動きと同等の投資成果をめざず全世界中小型株式パッシブファンドです。

世界中の中小型株式全体に低コストで投資できるファンドはこれまでになく、コストの低い3つの海外ETFにファンドオブファンズ方式で投資することで、信託報酬0.503%(税抜)の低コストを実現しています。

2013年4月よりEXE-iシリーズの1つとしてEXE-i 先進国株式ファンドEXE-i 新興国株式ファンド等と共に運用が開始された注目のファンドです。

(2014年4月20日更新)

EXE-i グローバル中小型株式ファンドの特徴・評価

・購入単位:1万円以上 または積立でSBI証券では最低500円より購入可能。
・信託報酬:年率0.503%(税抜・運用管理費用も含む)
・信託財産留保額:なし
・決算:年1回(5月12日)
・基本資産配分比率: 以下3つの海外ETFに下記の比率で分散投資(2014年3月31日時点)

海外ETF 投資対象 ETFのベンチマーク 組入比率 基本組入比率
バンガード・スモールキャップETF (VB)  米国中小型株式 CRSP US スモールキャップ・インデックス 49.90%  50%
i シェアーズ MSCI EAFE・スモールキャップ・ETF (SCZ)  日本を含む先進国中小型株式(米国除く) MSCI EAFE スモールキャップ・インデックス 39.96%  40%
ウィズダムツリー・エマージング・マーケット・スモールキャップ・ディビデンド・ファンド(DGS)  新興国中小型株式 ウィズダムツリー・エマージング・マーケット・スモールキャップ・ディビデンド・インデックス 10.14%  10%

組入上位10ヶ国の構成比率は以下の通りです。
EXE-i グローバル中小型株式ファンド 組入上位10ヶ国の構成比率


組入上位10業種の構成比率は以下の通りです。。
EXE-i グローバル中小型株式ファンド 組入上位10業種の構成比率

・償還日:無期限
・運用:SBIアセットマネジメント
・為替ヘッジ:なし

 


EXE-i グローバル中小型株式ファンド・管理人の感想

EXE-i グローバル中小型株式ファンド1本で、日本を含む世界の中小型株全体に低コストで幅広く投資できます。

国内で購入できる中型株、小型株に幅広く投資したいと思っても、高コストのアクティブファンドしかなく、投資対象も偏っているものしかありませんでした。

消去法的に海外ETFを利用するしか手がありませんでしたが、海外ETFに投資する場合は、買付手数料が高いため、コスト負けしないよう100万円以上などまとまった金額で購入する必要がありました。

EXE-i グローバル中小型株式ファンドは、参考指標であるMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス・スモールキャップの構成国比率に合わせ、3つの海外ETFに米国:先進国:新興国 = 5:4:1 となるように投資することで、この低コストを実現しています。

EXE-i グローバル中小型株式ファンドは、3つの海外ETF自体の信託報酬0.2740%に運用管理費用合計の信託報酬を0.503%に抑えており、低コストで全世界の中小型株式に幅広く投資できるのが大いに評価できます。

通常のインデックスファンドのベンチマークは時価総額比率で各銘柄に投資するため、どうしても時価総額の小さな中型株、小型株の組み入れ比率は小さくなります。

大型株式よりも中小型株の方が長期的には「リスクが高い分、リターンも高い」という「小型株効果」があると言われており、アセットアロケーションの一部に本ファンドを組み入れることで、真の国際分散投資が実現できます。

ただ、2013年4月から運用が開始された新しいファンドのため、参考指数にどれだけ連動できるのか、信託報酬以外にかかる取引コスト等も合わせた実質コストが高くならないか、月報や運用報告書をチェックしていく必要があります。

今後の運用が大変期待できるファンドです。

アセットアロケーションの株式クラスの一部分にリターン向上を狙って本ファンドを組み入れる戦略も十分ありでしょう。

EXE-i グローバル中小型株式ファンドの購入先

EXE-i グローバル中小型株式ファンドは、以下証券会社でノーロードで購入できます。

楽天証券SBI証券SMBC日興証券、高木証券、立花証券、エイチ・エス証券、むさし証券、りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行

SBI証券では投信残高の最低年0.1%(最高0.2%)分をポイント還元する「投信マイレージサービス」があり、他の証券会社より一番有利な還元率なのですが、EXE-iシリーズのみはあまりに信託報酬が低すぎ、投信マイレージサービスの対象外です。

EXE-i グローバル中小型株式ファンドは、保有額に応じた楽天ポイントを受け取れるため楽天証券で購入するのが最も有利です。


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る