欧州株式指数ファンド・・・欧州株に投資できる貴重なインデックスファンド

欧州株式指数ファンドは、欧州の優良株式50銘柄を投資対象とするユーロ・ストックス50インデックス(円換算ベース)をベンチマークとする欧州株式インデックスファンドです。2010年7月1日から運用されています。

欧州株式指数ファンド


三井住友アセットマネジメントが、国内株式指数ファンド(TOPIX)外国株式指数ファンドと共に、ネット専用のインデックスファンドとして設定したファンドです。数少ないヨーロッパ株式インデックスファンドとして貴重な存在です。


(2018年7月1日更新)・・・本ページの情報の更新を希望される方は、Q&Aページより管理人までお知らせください。すぐに対応したいと思います。



 


欧州株式指数ファンドの基本的情報

このファンドの基本情報

購入単位:証券会社により異なりますが、楽天証券SBI証券では100円より購入可能。
信託報酬年率0.66%(税抜)
信託財産留保額:0.3%
決算:年1回(11月20日)設定来の分配金は全て0円で、効率的に運用できています。
償還日:2020年11月20日
運用:三井住友アセットマネジメント
為替ヘッジ:なし


このファンドのポートフォリオなど

欧州株式計50銘柄に投資(2018年5月31日時点)、以下8ヶ国の株式に投資しています。構成比率は以下の通りです。(全てユーロ建て)

欧州株式指数ファンド 国別構成比率


組入上位10業種の構成比率は以下の通りです。

欧州株式指数ファンド 組入上位10業種の構成比率


組入上位10銘柄の構成比率は以下の通りです。

欧州株式指数ファンド 組入上位10銘柄の構成比率


欧州株式インデックス・マザーファンドファミリーファンド方式で投資しています。

欧州株式指数ファンド ファミリーファンド方式構造



欧州株式指数ファンド、管理人の感想と評価

欧州株式ファンドはドイチェ・ユーロスター・オープン明治安田欧州株式ファンド(愛称:ファザーン)などの高コストのアクティブファンドはありますが、本ファンドはヨーロッパ株式に投資できる、数少ない欧州株式インデックスファンドとして評価できます。

他に、欧州株式インデックスファンドとしては、SMT 欧州株配当貴族インデックス・オープン
(信託報酬0.55%)がありますが、欧州高配当株式を投資対象としており、シンプルな地域インデックスファンドとは毛色が異なります。

アセットアロケーションの先進国株式部分には、MSCI コクサイ インデックスをベンチマークとする先進国株式インデックスファンドを割り当てることが多いですが、米国株式比率が60%超で、欧州株式比率が低いです。

その欧州株式への投資比率ももう少し増やしたい場合、この欧州株式指数ファンドによって、よりお好みの配分比率にするというやり方があります。

メインのファンドにはなりませんが、世界中への幅広い国際分散投資の基本自体は変えることなく、ポートフォリオの先進国株式部分の微調整に使えるファンドとして利用可能です。



欧州株式指数ファンドの購入先

欧州株式指数ファンドは、以下証券会社、銀行にてノーロードで購入できます。

SBI証券楽天証券カブドットコム証券SMBC日興証券(ダイレクトコース)、高木証券、三井住友銀行(ネット専用)、りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行


あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、ポイント利用でコストを徹底的に削減する効果のある、SBI証券楽天証券の利用がベストだと思います。(どちらでもお好みのところを利用ください。)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る