FTSEアセアン40インデックスとは

FTSEアセアン40インデックス(FTSE ASAEN40 Index)とは、FTSE社が算出する、東南アジアの大型株式の値動きを示す米ドル建ての指数(配当抜き)です。2005年9月21日を基準値5000とした時の値で表されます。

FTSE All-World Indexをユニバースとし、東南アジア5ヶ国(シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、フィリピン)の流動性基準を満たすの主要40銘柄より構成される浮動株調整時価総額比の指数です。

配当利回りは年3.12%(2016年7月29日時点)です。国別構成比率、組入銘柄詳細は以下の通りです。

(2016年8月28日更新)



 


FTSEアセアン40インデックス  国別構成比率(2016年7月29日時点)

FTSEアセアン40インデックスの国別構成比率は以下の通りです。

FTSEアセアン40インデックス 国別構成比率
投資国 組入比率
 シンガポール  31.1%
 マレーシア  24.8%
 インドネシア  20.5%
 タイ  15.6%
 フィリピン  7.9%


シンガポールが約30%超と大きな比率を占めており、マレーシアの約25%を合わせると、上位2ヵ国で約55%を占めています。シンガポールとマレーシアの地勢リスク、政治リスクによって大きく変動する点は注意が必要です。


FTSEアセアン40インデックス  組入上位10銘柄の構成比率(2016年7月29日時点)

FTSEアセアン40インデックスの組入上位10銘柄の構成比率は以下の通りです。

FTSEアセアン40インデックス  組入上位10銘柄の構成比率


FTSEアセアン40インデックスをベンチマークや参考指数としているファンド

FTSEアセアン40インデックスをベンチマークとするインデックスファンドとしては、下記があります。

ファンドの名称 信託報酬(税抜)
i-mizuho 東南アジア株式インデックス 0.63%

⇒参考:MSCI東南アジアインデックス


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る