FTSE・エマージング・インデックス

FTSE・エマージング・インデックス(FTSE Emerging Index)とはFTSE社が算出している指数で、新興国21ヶ国の株式で構成される新興国株式指数です。

FTSE社の株式指数の地域別分類
指数(世界全体)  投資国 指数  投資国 指数
 FTSE All-World Index  先進国  FTSE Developed Index  先進国(除く日本) FTSE Kaigai・インデックス(FTSE Kaigai Index)
=FTSE Developed ex Japan Index
 日本 FTSE Japan Index
 新興国 FTSE・エマージング・インデックス (FTSE Emerging Index)

FTSE・エマージング・インデックスは、新興国21ヵ国の投資可能時価総額の96%以上をカバーする浮動株調整時価総額指数であり、計953銘柄で構成されています。

新興国株式市場の最も代表的なベンチマークであるMSCIエマージング・マーケット・インデックスと比べ、FTSE・エマージング・インデックスには韓国が含まれていないことが大きな違いです。(FTSE社では、韓国は先進国扱いのため)
平均配当利回りは年3.25%です。

構成銘柄については年2回(3月と9月)に定期的に見直しが行なわれます。
国別構成比率 及び 組入上位10銘柄の構成比率は下記の通りです。 
 

(2016年1月11日更新)



 


FTSE・エマージング・インデックス 国別構成比率(2015年12月末時点)


構成国 比率
中国 28.70%
台湾 14.51%
インド 13.28%
南アフリカ 8.57%
ブラジル 6.69%
メキシコ 5.51%
マレーシア 4.35%
ロシア 4.23%
インドネシア 2.61%
タイ 2.50%
フィリピン 1.89%
トルコ 1.61%
ポーランド 1.54%
チリ 1.34%
UAE  1.00%
コロンビア 0.59%
ハンガリー 0.32%
エジプト 0.29%
ペルー 0.20%
チェコ 0.20%
パキスタン 0.07%

以前はモロッコも入っていましたが、今は構成国より除外されています。


FTSE・エマージング・インデックス 組入上位10銘柄構成比率


銘柄  国 比率
テンセント 中国 3.59%
TSMC 台湾 3.57%
中国建設銀行 中国 2.14%
チャイナモバイル 中国 2.06%
ナスパース 南アフリカ 2.01%
中国工商銀行 中国 1.49%
フォックスコン(鴻海精密工業) 台湾 1.17%
中国銀行 中国 1.15%
インフォシス インド 1.08%
HDFC インド 1.03%


FTSE・エマージング・インデックスをベンチマークや参考指数とするファンド

FTSE・エマージング・インデックス参考指標とするファンドとしては以下があります。

ファンド 信託報酬(税抜)
EXE-i 新興国株式ファンド 0.374%


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る