FTSE Kaigai・インデックス(FTSE Kaigai Index)

FTSE Kaigai・インデックス(FTSE Kaigai Index = FTSE Developed ex Japan Index)とは、FTSE社が算出している指数で、日本を除くFTSE社基準としての先進国24ヶ国の株式で構成される先進国株式指数です。

FTSE社の株式指数の地域別分類
指数(世界全体)  投資国 指数  投資国 指数
 FTSE All-World Index  先進国  FTSE Developed Index  先進国(除く日本) FTSE Kaigai・インデックス(FTSE Kaigai Index)
=FTSE Developed ex Japan Index
 日本 FTSE Japan Index
 新興国 FTSE・エマージング・インデックス (FTSE Emerging Index)


FTSE Kaigai・インデックスは、日本を除く先進国24ヵ国の投資可能時価総額の96%以上をカバーする浮動株調整時価総額指数であり、計1621銘柄で構成されています。

平均配当利回りは年2.54%です。FTSE Kaigai・インデックス自体は配当抜きの指数のため、配当込みでは年2.54%分リターンが上乗せされます。

(日本を除く)先進国株式市場の最も代表的なベンチマークである、MSCI コクサイ インデックスと比べ、FTSE Kaigai・インデックスには韓国とギリシャが含まれていることが大きな違いです。 (FTSE社では、韓国とギリシャは先進国扱いです。)

構成銘柄については年2回(3月と9月)に定期的に見直しが行なわれます。 国別構成比率 及び 組入上位10銘柄の構成比率は下記の通りです。 

(2017年1月2日更新)



 


FTSE Kaigai・インデックス 国別構成比率

FTSE Kaigai・インデックスの国別構成比率は以下の通りです。(2015年12月末時点)

MSCI コクサイ インデックス の22ヵ国に加え、韓国(1.79%)とギリシャ(0.04%)の2ヵ国を合わせた24ヵ国構成です。

FTSE Kaigai・インデックス 国別構成比率


FTSE Kaigai・インデックス 業種別構成比率

FTSE Kaigai・インデックスの業種別構成比率は以下の通りです。(2015年12月末時点) 
FTSE Kaigai・インデックス 業種別構成比率


FTSE Kaigai・インデックス 組入上位10銘柄の構成比率

FTSE Kaigai・インデックスの組入上位10銘柄の構成比率は以下の通りです。(2015年12月末時点) 指数構成上位には、アップル、マイクロソフト、エクソンモービル、GE等世界的大企業が並んでいます。

FTSE Kaigai・インデックス 組入上位10銘柄の構成比率


FTSE Kaigai・インデックスをベンチマークや参考指数とするファンド

FTSE Kaigai・インデックス参考指数としているファンドは以下があります。

ファンドの名称 信託報酬(税抜)
EXE-i 先進国株式ファンド 0.306%


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る