フィデリティ・欧州中小型株・オープン Aコース(為替ヘッジ付き)の評価

フィデリティ・欧州中小型株・オープン Aコース(為替ヘッジ付き)は、為替ヘッジ付きの欧州小型株式アクティブファンドです。1996年5月31日に設定されました。

存在価値のあるアクティブファンドであるフィデリティ・欧州中小型株・オープン Bコース(為替ヘッジなし)の為替ヘッジ版のファンドです。

フィデリティ・欧州中小型株・オープン Aコース(為替ヘッジ付き)のファンドの仕組み

イギリスやヨーロッパ大陸に上場している中小型の高成長企業に選別投資するフィデリティ・欧州中小型株・オープン Bコース(為替ヘッジなし)と同じマザーファンドファミリーファンド方式で投資しています。

ベンチマークはありませんが、実質的にはフィデリティ・欧州中小型株・オープン Bコース(為替ヘッジなし)のベンチマークであるユーロマネー・スモーラー・ヨーロピアン・カンパニー・インデックス (税引前配当金込)の為替ヘッジありがベンチマークと言えます。

(2016年1月9日)


 


フィデリティ・欧州中小型株・オープン Aコース(為替ヘッジ付き)の基本的情報

・購入単位:証券会社により異なりますが、楽天証券では最低1000円より積立購入可能。
信託報酬年率1.53%(税抜)
信託財産留保額:なし
・決算:年2回(5月30日、11月30日)
・資産配分比率: 欧州の中小型株式計86銘柄に為替ヘッジをかけて投資(2015年10月30日時点)

組入上位5ヵ国、組入上位5銘柄の各構成比率は以下の通りです。

フィデリティ・欧州中小型株・オープン Aコース(為替ヘッジ付き)組入上位10銘柄の構成比率は以下の通りです。<br>
      <br>
      <img src=

・償還日:無期限
・運用:フィデリティ投信株式会社
・為替ヘッジ:あり



フィデリティ・欧州中小型株・オープン Aコース(為替ヘッジ付き)の評価

1996年の設定以来のリターンが、ベンチマークを大きく上回っている優秀なアクティブファンドである、フィデリティ・欧州中小型株・オープン Bコース(為替ヘッジなし)の為替ヘッジ付きのファンドです。

フィデリティ・欧州中小型株・オープン Bコース(為替ヘッジなし)が、設定来、ベンチマーク(配当込)を上回るリターンを上げており、為替ヘッジをかけている本ファンドも同様に優秀なアクティブファンドです。

ただコスト面は、信託報酬は年1.53%(税抜)と、先進国株式ファンドとして高いです。

また、以下が本ファンドの運用報告書記載の1万口当たりの費用明細(半年分のコスト)です。半年の実質コストは1.217%(税込)なので、年間の実質コストは1.217×2 =約2.43%(税込)となります。これは、投資対象の配当分も吹き飛んでしまうほどのどコストの高さです。

フィデリティ・欧州中小型株・オープン Aコース(為替ヘッジ付き) 運用報告書記載の1万口当たりの費用明細


為替ヘッジは為替変動を和らげる効果がありますが、為替ヘッジにかかるコストも投資対象通貨(ポンドやユーロ等)の金利が上がると、上昇することには注意です。

また本ファンドの過去の良好なリターンが今後も続くかどうかは全く無関係であり、一方、このコストの高さはその分確実にリターンを引き下げます。今後も良い成績が続くかどうかは全く分からず、これがアクティブファンドを選ぶ際に最も難しい点です。


フィデリティ・欧州中小型株・オープン Aコース(為替ヘッジ付き)の購入先

フィデリティ・欧州中小型株・オープン Aコース(為替ヘッジ付き)をノーロードで購入できる証券会社・銀行は、以下の通りです。

楽天証券東海東京証券、スルガ銀行

あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を、証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、 SBI証券 の利用がコストを徹底的に抑えられるのでベストだと思います。



 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る