フリーETF(上場投資信託)の「MAXIS」は凄い!

2010年6月18日より、カブドットコム証券にて、一部の日本株ETF(上場投資信託)の買い付け手数料が、完全無料になるフリーETFサービスが開始されました。

これは、大変画期的な事で、高く評価できます

ETFは上場された投信ですから、購入(売却もそうだが)の際は現物株同様に、所定の手数料を証券会社に支払わねばなりません。

しかし、カブドットコム証券では、グループ企業の三菱UFJ投信の運用する「MAXIS」シリーズの日本株ETFについては、完全無料化に踏み切りました。・・・・本当に凄いです!

フリーETFの種類

カブドットコム証券では、現在、下記のETFにつき、フリー(売買手数料無料)にて買い付けが可能です。

 ・MAXIS 日経225上場投信
 ・MAXIS トピックス上場投信
 ・MAXIS トピックス・コア30上場投信
 ・MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信

 ・国際のETF VIX短期先物指数
 ・ABF汎アジア債券インデックス・ファンド
 ・MAXIS S&P東海上場投信
 ・SPDR S&P500 ETF

・国際のETF VIX中期先物指数
・MAXISトピックスリスクコントロール(5%)上場投信(愛称:NISA向けリスコン5)
・MAXISトピックスリスクコントロール(10%)上場投信(愛称:NISA向けリスコン10)

最近はETFの買い付け単位が非常に小さくなっていますので、日経225とトピックスETFで1万円前後、コア30ETFで5000円前後から買う事が出来ます。

分散投資のツールの一つとしても、活用できますね。管理人は「TOPIX連動上場投資信託」と言うETFを保有していますが(2010年10月時点で売却済)、今回のようなフリーETFが有るのであれば、新規に買い付ける場合はMAXISにすると思います。

MSCIコクサイインデックスに連動する海外株式ETFがフリーETFのラインナップに加わっていますから日経225、あるいはトピックス上場投信と共に保有すれば、全ての先進国に、手数料無料で分散投資できます!

実に素晴らしいです。

投機的な取引でも使える

上今回のフリーETFですが、通常の取引のみならず、信用取引にも活用できますし、逆指値注文等、特殊な注文の場合も売買手数料無料で取引できます

これは、かなり凄い事で、日本株を利用して短期的に売買を繰り返して利ザヤを稼ごうとする場合(投機的な投資行動ですよね)、かなりの知識の必要な個別銘柄でそれを実行するのではなく、わかりやすいETFを活用する事でトレードが出来てしまいます。

で、何回取引しても売買手数料無料ですから、非常に使えると思います。

他の証券会社では手数料がかかります

非常に評価できるしくみですが、今回のフリーETFサービスは、グループ企業である三菱UFJ投信と、カブドットコム証券が連携して行う独自のサービスになります。

楽天証券やSBI証券等、他のネット証券で対象ETFを購入する場合は、それぞれの証券会社の所定の手数料がかかりますので、注意してください。

投資信託口座開設の申し込みは、下記リンクからどうぞ

カブドットコム証券の公式サイト

だいたい2,3日くらいで、口座開設キットがお手元に届きます。

★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る