浮動株調整時価総額

浮動株調整時価総額(=浮動株時価総額)とは、ある企業の株価×(発行済株式数- 固定株数)で算出される「市場で取引される株式数で調整した時価総額」をさします。

浮動株数とは、発行済株式数のうち、固定株数(安定株主の保有株や持ち合い株などの株式数)を除いた、市場で取引されている株数(発行済株式数 - 固定株数)です。

そのため、 

浮動株調整時価総額 <= 時価総額 


となります。また、浮動株調整時価総額は、日々の株価変動により刻々と変化します。

時価総額型指数では、固定株の多い銘柄は、市場で取引されている株数が少ないにも関わらず指数構成のために多く購入する必要があり、流動性の面から株価に影響を及ぼす可能性があります。

浮動株調整時価総額型指数の方が、時価総額型指数よりも、流動性の面からファンドやETFベンチマークとして適していると言われています。


実際、TOPIX(東証株価指数)や、MSCI-KOKUSAI インデックスなどの指数は、浮動株調整時価総額比率型のものが多いです。

 

★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る