インデックスファンド(投資信託)と、ETFはどちらが有利?

最近、ETF(株価指数連動型上場投資信託)についての話題を、よく耳にするようになって来ました。

ノーロード型で、信託報酬の安いインデックスファンドよりも、さらに手数料が安いと言う事で、インデックスファンドよりも優れている、との評価も良く聞かれます。

インデックスファンドとETFは実際の所、それぞれどんな特長があるのでしょうか?



ETF、インデックスファンド、現物株の比較

ETFはインデックスファンドのように幅広く分散して投資する事が出来、そのうえ現物株の様に、証券取引所が開いている間は、通常の株取引同様、リアルタイムで取引が出来る、まさにインデックスファンドと現物株の「いいとこ取り」をしたような存在です。

管理人もETFには注目していますが、今の所インデックスファンド中心での運用を行っています。

ETF インデックス
ファンド
株式
分散投資 ×
リアルタイム取引 ×
信用取引 ×
株価指数に連動 ×
コスト(手数料)
どこでも買える
課税の取扱いが有利 ×

 

管理人がインデックスファンドを選ぶ理由

ETFはコスト面で非常に魅力的です。が、あえて管理人がインデックスファンドを中心に運用しているのは、次の理由からです。


分配金の再投資が出来ない

ETFでは現物株同様に配当金が出ます(インデックスファンドでは分配金)。しかし、通常の投資信託と違い、これを再投資に回す事ができません。

ETFは投資信託ではありますが、税法上は「株式」扱いです。なので、一般の現物株で配当金を再投資するのが出来ないのと同じく、ETFも再投資が出来ません。

となると当然、長期運用による「複利効果」を得る事が出来ません。複利効果による資産運用を考えている管理人にとって、値上がり益がメインのETFは、少々投資目的が異なってくるのです。


購入金額が大きくなる

最低で5000円から積み立て投資可能なのが、通常の投資信託ですね。それに対しETFでは最低10万円弱前後の金額が必要になります。そうなると、サラリーマンが本業に集中するかたわら投資をしようとしても、相場をにらみながら値下がりした時に着実に買う作業が必要にもなります。

インデックスファンドで資金が増えたら、ETFにある程度の金額を回すと言う事も考えられますが、せっかく複利効果を狙って長期投資している最中のファンドを取り崩すのはためらわれます。



ETFは「投資信託との比較」というより「現物株」との比較の観点からとらえよう

上記のように、ETFとインデックスファンドの比較をしてみたわけですけれども、比較と言う意味からすると、現物株とETFを比較した方がしっくり来るかと思います。

現物株の場合、いくら周到に準備して、有利な条件で個別に株を購入したとしても、予期せぬ企業の不祥事などで、保有株が大暴落する事があります。(特に最近多い)

そのリスクを回避するとなると、個人で様々な銘柄に分散投資しなくてはならず、その手間、そして元々持っている資産の両面から見ても、庶民の適切な投資とは言いがたいともいえます。

そこで、我々庶民の限られた資産の中から、リスクを最小限にして、現物株同様の取引をする手法としてETFが存在する、と考えた方が良さそうです。

トピックスや日経225に連動するETFであれば、個別の企業の株価の変動は全く気にする必要はありません。

世界同時株安などの、相場全体が暴落するような局面で、手堅く資金投入して値上がりを待てば、株価関連情報の少ない庶民でも、着実に資産を増やす事が出来る、良い仕組みだと思います。

管理人は実は、個別銘柄を複数保有しています。これらの値動きは、管理人には全く想像つかないような変動があり、その都度一喜一憂して、正直、疲れます。なので、相場が上がる時には上がる、下がる時には下がるという、極めてシンプルな値動きしかしないETFに、シフトしてゆく考えです



ETFを購入できるネット証券

ETFはネット証券全てで取り扱っているわけではありません。現在、次の2社が、ETFの取り扱い銘柄が圧倒的に多く、この2つを使い分ければ、十分だと思います。

  • SBI証券:個別株同様、取引手数料が非常に安い
  • 楽天証券:海外ETFの充実振りは他社を圧倒しています。
  

管理人は国内ETFをイートレードで、海外ETFを楽天で購入予定です。実際購入した場合は、管理人保有ファンドの紹介コーナーで公開する予定です。

●08年5月追記

管理人もETFで本格的に運用を開始しています。外国株に投資する際、特に新興国向けの投資では、投資信託よりも海外ETFの方が、腰が抜けるほど信託報酬が安く、メリット大です。

具体的には、海外ETFは楽天証券で3銘柄(インド2銘柄、中国1銘柄)、国内ETFはイー・トレード証券で1銘柄(TOPIX連動)を購入しました。

海外ETFは姉妹サイトまで作っちゃいましたので、あわせてご覧ください。

 ⇒ETFの森~国内&海外ETF(上場投資信託)購入ガイド

  

いずれにしても、投資信託とは名が付いていますが、限りなく現物株に近い性格を持っていますね。ですので、少し投資のスタイルが違ってきますから、「どちらが有利か」、と言うよりも、「どちらが自分に合っているか」を考えるべきかと思います。

コラム・投資信託一刀両断!に戻る

★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る