グローバル・ヘルスケア&バイオ・オープン Bコース(為替ヘッジなし)(愛称:健太)の評価

グローバル・ヘルスケア&バイオ・オープン Bコース(為替ヘッジなし)(愛称:健太)は、MSCIワールド・ヘルスケア・インデックス(税引後配当込)を参考指数とし、日本を含む米国を中心とした先進国のヘルスケア・バイオ関連企業の中で、ファンダメンタルズが健全と考えられる株式に投資する、先進国株式アクティブファンドです。

 グローバルヘルスケア&バイオ・オープン


グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド(愛称:健次) と同じ「グローバル・ヘルスケア&バイオ・オープンマザーファンド」にファミリーファンド形式で投資しており信託報酬も同じです。決算回数と分配金の出し方に違いがあるだけなので、両ファンドのリターンもほぼ同一です。

なお、本ファンドには為替ヘッジをかけたグローバル・ヘルスケア&バイオ・オープン Aコース(為替ヘッジあり)(愛称:健太)も存在します。

(2014年10月26日更新)


 


グローバル・ヘルスケア&バイオ・オープン Bコース(為替ヘッジなし)(健太)の評価

・購入単位:証券会社により異なりますがSBI証券では最低500円より積立購入可能。
信託報酬年率2.20%(税抜)
信託財産留保額:0.3%
・決算: 年1回(7月27日)。毎年100円の分配金を出しています。
・資産配分比率: 
国別構成比率は以下の通りです。(2014年9月30日時点)

投資国 比率
アメリカ  75.0%
日本  5.5%
イギリス  4.1%
アイルランド  3.4%
スイス  2.1%
ベルギー  1.7%
イスラエル  1.5%
フランス  0.9%
UAE  0.7%
その他  0.5%


組入上位10銘柄と構成比率は以下の通りです。
    
銘柄 比率
ブリストル・マイヤーズ スクイブ アメリカ  6.1%
メルク アメリカ  5.1%
アクタビス アメリカ  5.0%
ギリアド・サイエンシズ アメリカ  4.6%
イーライ・リリー アメリカ  4.4%
リジェネロン・ファーマシューティカルズ アメリカ  4.2%
アストラゼネカ イギリス  2.9%
マッケソン アメリカ  2.8%
ジョンソン&ジョンソン アメリカ  2.7%
HCAホールディング アメリカ   2.5%


・償還日:無期限
・運用:国際投信投資顧問
・為替ヘッジ:なし


グローバル・ヘルスケア&バイオ・オープン Bコース(為替ヘッジなし)(健太)の感想

グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド(愛称:健次) と並び、信託報酬がなんと年2.20%(税抜)と、当サイトで紹介する先進国株式ファンドの中でも最も高コストのファンドです。

グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド(愛称:健次) と投資対象マザーファンドと信託報酬は同じですので、資産配分比率も同じです。

ただ、グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド(愛称:健次)が年2回の決算で毎回1000円を超える分配金を出すのに対し、グローバル・ヘルスケア&バイオ・オープン Bコース(為替ヘッジなし)(健太)は年1回でしかも分配金は100円に留めています。

また、グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド(愛称:健次)は2020年に償還日が来るのに対し、本ファンドは無期限であることが異なります。

超高コストのぼったくりファンドですが、どちらかを選ぶ場合は、分配金が少ないため税金分少し有利なグローバル・ヘルスケア&バイオ・オープン Bコース(為替ヘッジなし)(健太)を選ぶべきです。

とはいえ、信託報酬が年2.20%(税抜)と超高コストな時点で、投資の検討をする必要はありません。いくらなんでも高すぎますよ。

ヘルスケアやバイオテクノロジー分野企業のリターンが良いため、リターンは魅力的に見えますが、参考指数は上回れておらず、アクティブファンドとしても価値はありません

やはり先進国株式クラスは<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド(信託報酬0.39%)など、低コストのインデックスファンドを主力に購入するべきです。

なお、管理人的にはこんな高コストで運用目標が良く分からないファンドに投資したいとは思いませんが、一応インデックスファンドよりはリターンは良いです。(3年チャートを出したかったので、ここではSMTグローバル株式インデックス・オープンで比べています)

グローバル・ヘルスケア&バイオ・オープンの運用成績
(注:本来は、上記2ファンドは比較対象ではないですが、直感的に分かりやすくするために、このような比較をしています)


5年のリターンは、インデックスファンドを6%程度も上回ります。コストをかけてでもヘルスケアやバイオ分野に投資したいという考えを持っているのであれば、サテライト的に保有しても良いかもしれません。が、投資の基本である分散と低コストを忘れないようにしましょう。

2016年2月27日追記:バイオ分野に投資できる、より低コストのアクティブファンドが登場しています。iTrustバイオのページをご覧ください。



グローバル・ヘルスケア&バイオ・オープン Bコース(為替ヘッジなし)(健太)の購入先

グローバル・ヘルスケア&バイオ・オープン Bコース(為替ヘッジなし)(健太)をノーロードで購入できる証券会社、銀行は以下の通りです。

SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券ソニー銀行


あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を、証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、 SBI証券 の利用が、コストを徹底的に抑えられるので、ベストだと思います。



 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る