ハーベスト アジア フロンティア株式ファンドの評価・解説

ハーベスト アジア フロンティア株式ファンドは、バングラデシュ、モンゴル、カザフスタン、スリランカ、ベトナム等の株式及び、香港やシンガポールに上場するフロンティア株式関連銘柄にも投資するアジアフロンティア株式アクティブファンドです。

外国投資信託「ハーベスト・アジア フロンティア エクイティファンド クラスJ」(信託報酬0.65%)にファンドオブファンズ形式で投資するために信託報酬が二重にかかり、本ファンド自体の運用管理費用1.34%(税抜)と合わせたトータルの信託報酬は年1.99%(税抜)の超高コストファンドとなっています。

アクティブファンドでありながら肝心のベンチマークや参考指数もなく、運用手腕自体が判断できない欠陥ファンドです。

(2015年7月13日更新)



ハーベスト アジア フロンティア株式ファンドの基本的情報

・購入単位:証券会社により異なりますがSBI証券では最低500円より積立購入可能。
信託報酬年率1.99%(税抜)
信託財産留保額:0.3%
・決算:年1回(10月25日)
・資産配分比率: 以下の国別構成比率、業種別構成比率で投資(2015年5月29日時点)

国別構成比率は以下です。フロンティア国そのものに上場している銘柄よりも、中国や香港に上場しているフロンティア国の銘柄に多く投資しています。

ハーベスト アジア フロンティア株式ファンド 国別構成比率


業種別構成比率は以下の通りです。

ハーベスト アジア フロンティア株式ファンド 業種別構成比率


また、構成上位5銘柄は以下の通りです。フロンティア株式だけあって聞きなれない銘柄が並んでいます。

ハーベスト アジア フロンティア株式ファンド 組入上位5銘柄の構成比率


・償還日: 無期限
・運用: SBIアセットマネジメント株式会社
・為替ヘッジ:なし

 

ハーベスト アジア フロンティア株式ファンド・管理人の感想や評価

バングラデシュ、モンゴル、カザフスタン、スリランカ、ベトナム等、アジアのフロンティア株式を対象とする大変めずらしいファンドです。

ただ、信託報酬が年1.99%(税抜)と超高コストかつ、ベンチマーク参考指数もないため、アクティブファンドとして運用手腕がどうなのか全くわからないのが問題です。

新興国株式の代表的な指数であるMSCIエマージング・マーケット・インデックスにも入っていないフロンティア国に投資できるインデックスファンドは無いため、コストが高いだけのアクティブファンドなのが残念です。

さらに信託報酬以外のその他費用を合わせた実質コストが、これまた恐ろしく高いです。以下が本ファンドの運用報告書記載の1万口当たりの費用明細です。


ハーベスト アジア フロンティア株式ファンド 1万口当たりの費用明細


これより本ファンドの実質コストは、運用管理費用1.34%×(249円/204円)+0.65=約2.29%(税抜)となります。これだけのコストをかけて、果たしてアジアのフロンティア諸国の株式に投資する価値があるかどうか、十分に検討する必要があります

まだまだ経済的に不安定な国々のため、為替リスクや株価変動も大きく、基準価額の変動も大きいことには注意が必要です。

現時点では、フロンティア株式インデックスファンドは存在せず、東証に上場している信託報酬0.79%のiシェアーズ フロンティア株ETF(1583)があるだけです。(ただし、アジア限定のフロンティア株式ではありません)

フロンティア株式クラスには低コストのファンドがないため、無理に高コストのファンドは選ばなくても良いでしょう。そもそもあなたがバングラデシュやスリランカやカザフスタンのような国を選別して投資する理由があるのか、という事です。

ご自分のアセットアロケーションの新興国株式クラス部分には、低コストの新興国株式インデックスファンドである、eMAXIS 新興国株式インデックス野村インデックスファンド・新興国株式(愛称:Funds-i新興国株式)等を購入するで十分でしょう。

今後、フロンティア株式クラスにも低コストで投資できるファンドの登場が待たれます。どうしても今投資したいという場合は、上述した国内上場ETFを選べば良いです。



ハーベスト アジア フロンティア株式ファンドの購入先

ハーベスト アジア フロンティア株式ファンドをノーロードで購入できる銀行・証券会社は以下の通りです。

SBI証券楽天証券

あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、 SBI証券 の利用がコストを徹底的に抑えられるのでベストだと思います。



 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る