ハイイールド債の見かけの高利回りには騙されてはいけない

ハイイールド債(High Yeild Bond、ジャンク債、ジャンクボンド)とは、高利回りの債券のことをさします。

一般的には、信用格付けが低いため、デフォルト(債務不履行)可能性が高い分、利回り(Yeild)は高く設定されている投機的格付けのくず債券(投資不適格債)をさします。

高利回りと聞くと一見魅力的に感じますが、単に「元本が毀損するリスクが高いために利回りを高くしないと売れないくず債券」です。巨額の負債を抱えている等、財務内容が悪く倒産確率が高い社債が一般的です。

ゴミ箱


空前の低金利時代ということもあり、ハイイールド債に投資するファンドの人気が高いのですが、ハイイールド債は「債券」という名称のイメージと異なり、株式とほぼ同様の大きな値動きをするリスクの高い資産クラスです。

ふつう、債券に投資することで、株式とは反対の値動きを期待します(逆相関の関係)。それが国際分散投資の肝でもあるのですが、ハイイールド債券は株式と似たような値動きになることが非常に多いです。だとしたら何のための分散投資なのか、という事になります(後述)。

ハイイールド債券ファンドの信託報酬海外債券ファンドとしては高く、一般的に債券クラスがアセットアロケーションの中のリスク抑制用の資産であることを考えると投資対象としては投機的(博打的)要素が強いです。

そのため、当サイトでは、ハイイールド債には投資不要と考えています。


 


ハイイールド債は、投資不適格債との認識を再確認

ハイイールド債は、下図に示すように、格付け機関が行なう格付けにおいてBB以下(S&P社ならBB以下、ムーディーズ社ならBa以下)に格付けされたくず債券をさします。

ハイイールド債の格付けの定義

SBI証券 好利回りが魅力の世界のハイ・イールド債券投信!より抜粋)


例えば、米国企業のハイイールド債の場合、上記の右図のように、安全資産である米国国債の利回りに対し、信用度が低い社債は、その分上乗せ金利(スプレッド)が乗ることになります。(潰れてしまう可能が高いほど、スプレッドが高くないと割に合わず、誰も購入しないからですね)

機関投資家は、一般的に規約でハイイールド債には投資できず、投資適格社債のみにしか投資できません。

機関投資家が保有している社債が格付け引き下げでハイイールド債になった場合は、売らざるを得ないことが一般的です。それほどのまさに「くず債券」がハイイールド債であることを認識する必要があります。


ハイイールド債の利回り

以下が各地域別のハイイールド債券の利回りです。(2014年4月時点) 信用度が低い分、国債よりもスプレッドが利回りになっています。

デフォルトし、元本割れを起こすハイイールド債がある分、単純に利回り差がリターン差になるわけではないことに注意が必要です。

各地域別のハイイールド債の利回り
SBI証券 好利回りが魅力の世界のハイ・イールド債券投信!より抜粋)


ハイイールド債は株式と高い連動性があり、分散投資に不向き

ハイイールド債は下図のように株式との相関が高く、一般に景気が良い時は株式と同様に上がり、景気後退時は値下がりします。海外のハイイールド債と海外株式の相関係数は0.95です。(相関係数が1に近いほど同じ値動き)

海外株式ファンドとハイイールド債券ファンドのパフォーマンス

モーニングスター 「混ぜるな危険!」ハイイールド債券との組み合わせに注意より抜粋)


ハイイールド債は債券とは名ばかりで、実体は株式とほぼ同じ大きさのリスクです。であれば、わざわざ信託報酬もかさみがちなハイイールド債券に投資する必要性がありません。

また、期待リターンは株式クラスよりも低いです。「ハイイールド債券ファンドは、プロのファンドマネージャーがデフォルトしない会社の社債を選ぶから安心」と書いている毎月分配型ファンド投資ブロガーもいますが、そんなことが事前にファンドマネージャーがわかるなら苦労はしません。

むしろ、ハイイールド債券アクティブファンドのリターンはその高コストの影響で、ハイイールド債券インデックスファンドに負けているのが実情です。


ハイイールド債券ファンド一覧

ハイイールド債券ファンドには以下があります。ただその性質上、リスクの大きさに見合う期待リターンではなく、以下のように信託報酬も高いです。

購入する必要は特にありません。表面的な高利回りには、くれぐれも騙されないようにしましょう。

ファンドの名称 信託報酬(税抜)
野村インデックスファンド・米国ハイ・イールド債券(愛称:Funds-i フォーカス 米国ハイ・イールド債券) 0.80%
野村インデックスファンド・米国ハイ・イールド債券・為替ヘッジ型(愛称:Funds-i フォーカス 米国ハイ・イールド債券・為替ヘッジ型) 0.80%
i-mizuhoハイイールド債券インデックス(為替ヘッジなし) 0.90%
i-mizuhoハイイールド債券インデックス(為替ヘッジあり) 0.90%
ステート・ストリートUSハイ・イールド債券オープン 0.93%
フィデリティ・グローバル・ハイ・イールド・ファンド(毎月決算型) 1.384%
あおぞら・短期ハイ・イールド債券ファンド(為替ヘッジあり)(愛称:たんはい) 1.425%
DWSユーロ・ハイ・イールド債券ファンド(毎月分配型)Aコース(円ヘッジあり) 1.53%
DWSユーロ・ハイ・イールド債券ファンド(毎月分配型)Bコース(円ヘッジなし) 1.53%
フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド 1.58%
ノルディック・ハイイールド・ボンド・ファンド(為替ヘッジなし) 1.58%

(2016年7月23日更新)

 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る