ハンセン指数とはどんな指数か?

ハンセン指数(Hang Seng Index;香港ハンセン指数)とは、ハンセン・インデックシズ・カンパニー・リミテッド社(Hang Seng IndexesCompany Limited)が算出、公表している香港市場の代表的な株価指数の1つです。

香港の株式


ハンセン指数の基本情報は以下の通りです。

項目 内容
投資対象 香港の取引所に上場している株式の中から、 時価総額や流動性の観点から選別された最大50銘柄で構成。
現在は50銘柄構成。(2019年3月末時点)
各銘柄の構成比率 浮動株調整時価総額加重平均
通貨 香港ドル建て
指数算出 基準日である1964年7月31日の構成銘柄の時価総額を100として算出
構成銘柄見直し 年4回(四半期ごと)
 配当利回り 年2.8%(2019年2月末時点) 
 平均PER 11.9倍 


ハンセン指数は、香港株式市場全体の時価総額の約70%をカバーしています。ハンセン指数には、以下4つの業種別のサブ指数(サブインデックス)があります。

ハンセン指数のサブ指数
指数  業種 サブ指数
ハンセン指数  金融 ハンセン金融株指数
 公益事業 ハンセン公益事業株指数
 不動産 ハンセン不動産株指数
 商工業 ハンセン小工業株指数 


同じく香港証券取引所に上昇している株式を対象とする指数には、他社が算出しているFTSE中国25インデックスFTSE中国50インデックスもあります。


 


ハンセン指数の種類別構成比率

ハンセン指数の種類別構成比率は以下の通りです。(2019年2月末時点)

中国本土銘柄である香港H株や、中国系資本の銘柄である香港レッドチップ、香港の取引所に上場している株式に投資していることから、中国株式指数の1つと言えます。

ファンド 銘柄数(計50銘柄) 構成比率 
香港H株 9銘柄  26.8%
香港レッドチップ 9銘柄  13.7%
その他の香港株 32銘柄  59.5%



ハンセン指数の組入上位10銘柄の構成比率

ハンセン指数の組入上位10銘柄の構成比率は以下の通りです。(2019年3月29日時点)

ハンセン指数 上位10銘柄の組入比率
銘柄  業種 組入比率
 HSBCホールディングス  銀行  8.9%
 テンセント  メディア・娯楽  8.8%
 AIAグループ  保険  8.6%
 中国建設銀行  銀行  6.9%
 中国移動  電気通信サービス  4.6%
 平安保険  保険  4.4%
 中国工商銀行  銀行  4.0%
 香港証券取引所  金融  3.0%
 中国銀行  銀行  2.7%
 中国海洋石油  エネルギー  2.4%



ハンセン指数をベンチマークや参考指数とするファンド

ハンセン指数ベンチマークや参考指数としているファンドとしては以下があります。

ファンド 信託報酬(税抜) 備考 
香港ハンセン指数ファンド 0.78%  インデックスファンド
三菱UFJ チャイナオープン 1.52%  アクティブファンド

(2019年5月11日更新)



 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る