ハイブリッド・セレクションの評価・解説

ハイブリッド・セレクションは、TOPIXを参考指数とする日本株式アクティブファンドです。

日本株式の中で、グロース株(成長株)とバリュー株(割安株)の組入比率を相場環境に応じて変化させることで、リターン向上を狙う手法を取ります。

信託報酬が年1.08%(税抜)と高めですが、設定来リターンは参考指数であるTOPIXを大きく上回っています。

高コストでありながら過去のリターン実績は優秀な、数少ない日本株式アクティブファンドの1つです。

(2014年12月1日更新)

ハイブリッド・セレクションの特徴・評価

・購入単位:証券会社により異なりますがSBI証券にて最低500円より購入可能。
信託報酬年1.08%(税抜)
信託財産留保額:0.3%
・決算:年1回(2月17日)
・資産配分比率:
東証1部上場銘柄を中心にジャスダック銘柄や新興市場銘柄計112銘柄に投資(2014年10月31日時点)

グロース株とバリュー株比率は以下の通り。状況に応じて変化します。

    
業種 組入比率
グロース株(成長株)  69.7%
バリュー株(割安株)  30.3%


組入上位10業種は以下の通りです。

ハイブリッド・セレクション 組入上位10業種の構成比率


組入上位10銘柄は以下の通りです。(Gはグロース株、Vはバリュー株)

ハイブリッド・セレクション 組入上位10銘柄の構成比率


業績不振のソニー組入比率が1位とは渋いところをついてきています。

・償還日:なし
・運用:アセットマネジメントONE株式会社
・為替ヘッジ:なし(投資対象に為替リスクはありません)

 


ハイブリッド・セレクション・管理人の感想

ハイブリッド・セレクションは、高コストながら設定来のリターンはTOPIXを大きく上回るリターンを上げている、評価の高いファンドです。

下記のように、設定来の基準価額は、参考指数であるTOPIXの値動きを上回っていますね。正確には、TOPIX(配当込み)と比較する必要がありますが・・・。

ハイブリッド・セレクションの設定来の基準価額推移とTOPIXとの比較、純資産総額の推移


また、上記の基準価額は、毎年の決算時に取られる税金がゼロとした場合の、分配金再投資の数字であるため、本当のリターンは税金分、下がるのですが、それでも設定来のリターンは参考指数を大きく上回っており、優秀です。

ハイブリッド・セレクションとSMT TOPIXインデックス・オープンの過去3年のリターン比較のグラフ


上のグラフはハイブリッド・セレクションとSMT TOPIXインデックス・オープンの過去3年のリターンを比較したものです。ハイブリッド・セレクションの方が、TOPIXインデックスファンドよりリターンが良かったことがわかります。

グロース株とバリュー株の投資比率の組入比率を変化させるタイミングと、銘柄選定が上手くいったことになります。

アクティブファンドの存在価値は、リターンの良さのみであることから、数少ない存在意義のあるアクティブファンドと言えます。(もちろん今後も好成績が維持できるかは不明)

ただやはり気になるのはコストの高さです。

 ハイブリッド・セレクションの運用報告書記載の1万口あたりの費用明細表


上記は本ファンドの、最新の運用報告書記載の1万口あたりの費用明細です。1万口あたり、信託報酬が94円かかっており、トータルでは124円かかっています。

そのため、信託報酬以外の費用を合わせた実質コストは年1.08%×(124円/94円)=約1.42%(税抜)もあります。

売買手数料がずいぶんかかっていますが、これは売買高比率が3.43で、1年間に当初保有していた株式残高の3.43倍も、売買で総入れ替えとなっていると言う意味で、突出して高いです。

これでは信託報酬以外のコストが、ずいぶん高くなるのも当然です。

過去のリターンは優秀とは言え、今後のリターンについては全くわかりません。当ファンドの未来に賭けるために、毎年約1.5%近くのコストを払う価値があるかどうかは難しいところです。

購入する場合も、日本株式クラスの一部にハイブリッド・セレクションを割り当て、大半はやはり低コストのSMT TOPIXインデックス・オープン日本株式インデックスe(信託報酬0.37%)のようなインデックスファンドにしておくのが無難です。



ハイブリッド・セレクションの購入先

ハイブリッド・セレクションをノーロードで購入できる銀行・証券会社は以下の通りです。

フィデリティ証券SBI証券マネックス証券楽天証券ジャパンネット銀行、立花証券

あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、 SBI証券 の利用がコストを徹底的に抑えられるのでベストだと思います。

★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る