国際分散投資

国際分散投資とは、投資先を世界中の国々に分散し、また株式や債券、REIT(不動産投資信託)などさまざまな金融資産にバランスよく分散投資することで、リスク分散しつつ地球上の資産の成長に応じたリターンを得ることをめざす投資手法をさします。

国際分散投資の主な投資対象
 資産クラス/地域 日本 先進国 新興国 
 株式  日本株式  先進国株式 新興国株式 
 債券  日本債券  先進国債券 新興国債券 
 REIT  日本リート  先進国リート  新興国リート

国際分散投資


ある特定の国の株式のみに投資すると、その国の情勢により資産の値動きが大きくなります。日本だけでなく、海外先進国や新興国など、期待リターンが本質的にプラスの資産にも投資することで、(どの国が発展するか、どの資産が良いリターンが上がるかはわからなくても)世界の資本の成長は続くと考えている方に適した手法です。

株式に投資する場合、自国の株式にばかり投資する傾向が世界中どこの国にもあり、これをホームカントリーバイアスと呼びます。日本でも「投資」というと、日本株式に投資することと考えている方が多いですね。ですので、意識して、国際分散投資を心掛けることが必要です。

国際分散投資を低コストで少額から実現する方法として、インデックスファンドが有効なツールです。その意味では、国際分散投資とインデックス投資は非常に相性が良い投資手法です。

日本、先進国、新興国の各株式、債券、REITになどに、どのような比率で投資するかは個人により異なりますが、 時価総額比やGDP比などを基本に、アセットアロケーションを決めることが重要になります。


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る