Jリート(J-REIT)

リート(REIT)は、ビルやオフィス、商業施設、マンション等の不動産を投資対象とする不動産投資信託です。

不動産投資信託は株式同様に証券取引所に上場し、市場で売買されることで、流動性も保ちつつ、少額から不動産に投資できる仕組みです。

  


Jリート(J-REIT)とは、特に日本(Japan)の不動産を対象にしたリート(REIT)を指します。

法律により、Jリートは収益の90%以上を分配すれば法人税がかかりません。そのためコストが引かれた後の収益をそのまま投資家に分配金として還元されるようになっています。

Jリートは東証に約45銘柄上場しており、時価総額比が大きいものとしては、日本ビルファンド投資法人やジャパンリアルエステイト投資法人等があります。もちろん株式同様に個別のJ-REITを購入できます。

Jリートを対象とするベンチマークとしては、東証REIT指数やS&P J-REIT指数があります。国内リートを投資対象とするファンドを利用することで、Jリートに少額から投資できます。

当サイトでも、国内リート型のノーロード投資信託や、購入手数料のかかるDIAM J-REITオープン(毎月決算コース)(愛称:オーナーズ・インカム)を紹介しています。


 

★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る