JPM資産分散ファンドの評価

JPM資産分散ファンドは、日本、先進国、新興国の株式、債券と、米国ハイイールド債券を加えた計7資産のアクティブ型マザーファンドに、ファミリーファンド方式で投資するアクティブ型バランスファンドです。

JPM資産分散ファンド 投資対象の7つのマザーファンド


株式比率がわずか15%で、債券比率が85%と極端に債券に偏った基本配分比率となっており、信託報酬が年1.25%(税抜)と高コストなことと合わせて、投資価値はありません。

(2015年7月25日)



JPM資産分散ファンドの基本的情報

・購入単位:証券会社により異なりますがSBI証券では最低500円より購入可能。
信託報酬年率1.25%(税抜)
信託財産留保額:0.02%
・決算:年1回(9月13日)
・資産配分比率: 2015年5月29日時点の投資比率は以下の通りです。

投資対象のアクティブ・マザーファンド 投資対象  ベンチマーク  比率 基本配分比率
 GIMジャパン・フォーカス・マザーファンドⅡ  国内株式  TOPIX(東証株価指数)(配当込み)  6.1%  5.5%
 GIMコクサイ・ダイナミック・マザーファンドⅡ  先進国株式  MSCIコクサイ指数(税引後配当込み)  7.5%  6.5%
 GIMエマージング株式マザーファンド  新興国株式  MSCIエマージング・ マーケッツ・インデックス(税引後配当込み)  3.0%  3.0%
 GIM日本投資適格債券マザーファンド  国内債券  NOMURA-BPI総合  26.8%  29.0%
 GIM世界投資適格債券マザーファンド  先進国債券  バークレイズ・グローバル 総合(日本円除く)  24.7%  25.0%
 GIM米国高利回り社債マザーファンド  米国ハイイールド債券 BofAメリルリンチ・USハイ・ イールド・インデックス  25.7%  26.0%
 GIM新興国現地通貨ソブリン・マザーファンド  新興国債券  JPモルガンGBI-エマージング・ マーケッツ・グローバル  5.5%  5.0%



・償還日:無期限
・運用:JPモルガン・アセット・マネジメント
・為替ヘッジ:なし


 


JPM資産分散ファンド・管理人の感想と評価

日本、先進国、新興国の債券比率が85%、株式比率は15%と資産配分が偏っており、メインのバランスファンドとして、とても利用できるものではません。

安定した配当収益が目的に配分比率を決めているようですが、外国債券、米国ハイイールド債券といった、値動きが激しい割に期待リターンの低い資産の比率が高くて、国際分散投資にも使えません。

債券比率が高い割に、信託報酬が年1.25%(税抜)とコストが高いのも問題です。無駄にアクティブファンドに投資しているのも一因で、投資価値はありません。

期待リターンが低いにもかかわらず、確実にリターンを削るコストがこのように高くては、資産形成に不向きなのは明らかです。JPM資産分散ファンドのような、高コストファンドを選ぶ必要は全くありません。

今ではずっと低コストのバランスファンドを選ぶことができます。債券比率を高めたバランスファンドもありますので、本ファンドのようなぼったくりファンドに手を出す必要は、ありません。



JPM資産分散ファンドの購入先

JPM資産分散ファンドをノーロードで購入できる銀行・証券会社は以下の通りです。

SBI証券楽天証券

あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、ポイント利用でコストを徹底的に削減する効果のある、SBI証券楽天証券の利用がベストだと思います。(どちらでもお好みのところを利用ください。)



 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る