JPM中東アフリカ株式ファンドの評価・解説

JPM中東アフリカ株式ファンドは、中東・アフリカ諸国の株式に投資するアクティブ型の新興国・フロンティア株式ファンドです。

2つの外国籍の中東株式ファンド(トルコ、UAE,カタール等)とアフリカ株式ファンドに50:50の基本比率でファンドオブファンズ形式で投資します。(投資比率は±15%まで変動あり)

そのため、外国籍ファンドとJPM中東アフリカ株式ファンド自体の信託報酬1.03%(税抜)と合わせトータルの信託報酬は年1.815%~1.845%+成功報酬(税抜)の超高コストファンドとなっています。

(2014年8月17日)

JPM中東アフリカ株式ファンドの特徴・評価

・購入単位:証券会社により異なりますが、SBI証券では最低500円より積立購入可能。
・信託報酬:年率1.815%~1.845% +成功報酬(税抜)
信託財産留保額: なし
・決算:年1回(12月16日)。2007年設定来以来、一度も分配金は出していません。
・資産配分比率: 中東、アフリカ株式の計128銘柄に以下構成比率で投資(2014年6月30日時点)

ファンドオブファンズ形式で外国籍投資信託にほぼ半分ずつの基本配分比率で投資しています。現在は中東株式が52.8%と基本配分比率より高めです。

JPM中東アフリカ株式ファンド 外国籍投資証券の投資比率


国別構成比率は以下です。

JPM中東アフリカ株式ファンド 国別構成比率


また、組入上位10銘柄は以下の通りです。

JPM中東アフリカ株式ファンド 組入上位10銘柄の構成比率


・償還日: 無期限
・運用: JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社
・為替ヘッジ:なし

 

JPM中東アフリカ株式ファンド・管理人の感想

中東諸国と南アフリカ株式に投資する珍しいファンドですが、あまりにも高コストです。

信託報酬が年1.84%に加え、投資先のアフリカ株式に投資するファンドの成功報酬までかかります。成功報酬が最大いくらかかるのか記載されておらず、負担コストが不明なのも問題です。

しかも、国別投資比率は、MSCIエマージング・マーケット・インデックス構成国の南アフリカ、トルコに加え、現在フロンティア株式指数からMSCIエマージング・マーケット・インデックスに移行中のUAEとカタールが上位4ヵ国となっています。

ナイジェリアを除き、新興国株式ファンドの代表的なベンチマークであるMSCIエマージング・マーケット・インデックスに含まれており、わざわざJPM中東アフリカ株式ファンドを購入する必要はありません。

野村インデックスファンド・新興国株式(愛称:Funds-i新興国株式)のような低コストの新興国株式インデックスファンドに投資すれば十分です。

JPM中東アフリカ株式ファンドは、ベンチマークも参考指数もなく、アクティブファンドとして運用手腕が判断できないのも問題です。

運用方針から考えると、南アフリカ株式と中東株式のそれぞれの代表的な指数を50:50で合成したものをベンチマークとしてリターン比較すべきでしょう。

投資の基本は低コスト&幅広い分散投資です。妙な高コストファンドには決して手を出さないようにしましょう。

JPM中東アフリカ株式ファンドの購入先

JPM中東アフリカ株式ファンドをノーロードで購入できる銀行・証券会社は以下の通りです。

SBI証券楽天証券、スルガ銀行

証券口座選びに迷ったら、管理人神推しの証券口座のページを参考にしてください。
徹底的にコストにこだわるなら SBI証券 を選ぶと良いでしょう。

★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る