JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス・エマージングマーケッツ・グローバル・ディバーシファイドとは

JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス・エマージングマーケッツ・グローバル・ディバーシファイド(JP Morgan Government Bond Index-Emerging Markets Global Diversified:(GBI-EM Global Div))とは、ジェー・ピー・モルガン・セキュリティーズ・エルエルシーが算出し公表している指数で、新興国16ヵ国の現地通貨建ての国債を対象とする代表的な新興国債券指数です。

投資規制や発行規模等を考慮して選ばれた時価総額ベースの指数です。
債務残高の高い国の組入比率が大きくなりすぎることを避ける為に、一ヶ国の上限比率(10%)が設定されています。

2013年11月末時点での組入銘柄数は186銘柄(時価総額99兆円)です。
国別構成比率 及び 地域別構成比率は下記の通りです。 
 

(2016年12月23日更新)


 



JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス・エマージングマーケッツ・グローバル・ディバーシファイド 国別構成比率(2013年11月末日時点)


構成国 比率
ブラジル 10.0%
マレーシア 10.0%
ポーランド 10.0%
メキシコ 10.0%
ロシア 10.0%
南アフリカ 10.0%
トルコ 10.0%
タイ 8.0%
インドネシア 6.9%
その他
(ハンガリー、コロンビア、ペルー、フィリピン、ナイジェリア、チリ、ルーマニアの7ヵ国)
15.1%

上位7ヵ国の組入比率が10%の上限比率に設定されています。
2013年3月にルーマニアが追加され、現在は16か国構成になっています。



JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス・エマージングマーケッツ・グローバル・ディバーシファイド 地域別構成比率(2013年11月末時点)


地域 比率
ヨーロッパ 27.3%
アジア 25.4%
中南米 25.3%
中東・アフリカ 22.0%

世界4地域にほぼ均等に分散されています。


JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス・エマージングマーケッツ・グローバル・ディバーシファイドをベンチマークとするファンド

JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス・エマージングマーケッツ・グローバル・ディバーシファイドをベンチマークとするファンドとしては以下があります。

ファンドの名称 信託報酬
iFree 新興国債券インデックス 0.22%
年金積立 インデックスファンド海外新興国(エマージング)債券 0.52%
eMAXIS 新興国債券インデックス 0.60%
野村インデックスファンド・新興国債券 0.60%
SMT 新興国債券インデックスオープン 0.60%
D-I’s 新興国債券インデックス 0.60%
ダイワ・ノーロード 新興国債券ファンド 0.63%

本指数は新興国通貨の為替リスクがあるため、値動きも激しいことに注意が必要です。
(金利の高い新興国通貨の価値は下落しやすく、円高に振れる傾向があります)

また、新興国債券市場規模は、先進国債券市場の5%程度です。
アセットアロケーションへの新興国債券ファンドの組入れも少な目にしておく方が無難です。



 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る