JPX日経インデックス400(JPX日経400)とはどんな指数か

JPX日経インデックス400(略称:JPX日経400、JPX-Nikkei Index 400)とは、東京証券取引所(東証)及び日本経済新聞が共同で算出している東証一部、東証二部、マザーズ、JASDAQを主たる市場とする銘柄から選定された400銘柄から構成される株価指数(配当抜き指数、円建て)です。

JPX日経インデックス400(JPX日経400)


2014年1月6日から算出が始まりました。2013年8月30日の値を基準値10000ポイントとして算出されます。ROE・営業利益等、収益面に着目して選定されるスマートベータ指数の1つです。


JPX日経インデックス400 銘柄選定、銘柄入替方法

銘柄選定、および入替は年1回(6月末最終営業日を選定基準日)に、3年平均のROE(自己資本利益率)、3年累積営業利益、時価総額の3つの指標をそれぞれ40%、40%、20%の割合で点数化したものに、ガバナンスやディスクロージャーの観点から定性的な評価を加えた最終的なランキングで400銘柄を選定します。毎年8月第5営業日に入替銘柄を公表のうえ、毎年8月最終営業日に銘柄定期入替を実施します。

また、選定時の一銘柄のウェートは最大でも1.5%になるようにキャップ調整される浮動株調整時価総額加重型指数です。同じ日本株式指数である日経平均株価(日経225TOPIX(東証株価指数)とは異なり東証一部上場銘柄以外の市場の銘柄も含んでいます。

また、何らかの理由で構成銘柄の中の銘柄が指数組入対象外となっても入替時期が来るまで銘柄の追加はありません。実際、2018年2月に組入銘柄の日立国際電気が上場廃止となり現在は、計399銘柄で構成されています。



JPX日経インデックス400 組入上位10銘柄の構成比率

JPX日経インデックス400の上位10銘柄の構成比率は以下の通りです。

JPX日経インデックス400  上位10銘柄の構成比率(2018年5月末日時点)
銘柄 組入比率
 キーエンス  1.8%
 トヨタ自動車  1.7%
 ソニー  1.6%
 本田技研工業  1.6%
 三井住友フィナンシャルグループ  1.4%
 みずほフィナンシャルグループ  1.3%
 KDDI  1.3%
 NTT  1.2%
 ソフトバンクグループ  1.2%
 ファナック  1.2%



JPX日経インデックス400をベンチマークや参考指数としている投資信託

JPX日経インデックス400をベンチマークや参考指数にしているファンドは以下があります。

ファンドの名称 信託報酬(税抜)
<購入・換金手数料なし>ニッセイJPX日経400インデックスファンド 0.195%
iFree JPX日経400インデックス 0.195%
ひとくふう日本株式ファンド 0.25%
SMT JPX日経インデックス400・オープン 0.37%
野村インデックスファンド・JPX日経400 (愛称:Funds-i JPX日経400) 0.40%
eMAXIS JPX日経400インデックス 0.40%
ダイワ・ノーロードJPX日経400ファンド 0.51%
JPX日経400ファンド 0.53%
インデックスファンドJPX日経400 0.55%
JPX日経400ノーロードオープン 0.77%


JPX日経インデックス400をベンチマークとしているETF

同じく、下記は上場投資信託(ETF)となります。より低コストでの取引が可能になります。特には長期分散投資をする人にとっても、メリット大です。

ETFの名称&証券コード 信託報酬
MAXIS JPX日経インデックス400上場投信(1593) 0.078%
上場インデックスファンドJPX日経インデックス400(1592) 0.1%
iシェアーズJPX日経400ETF(1364) 0.17%
ダイワ上場投信-JPX日経400(1599) 0.18%
NEXT FUNDS JPX日経インデックス400連動型上場投信(1591) 0.2%

(2018年8月10日更新)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る