勝間和代(経済評論家)のアセットアロケーション

最近多少の限りが見えるものの、出版する本が軒並みベストセラーになるほどの人気経済評論家の勝間和代女史が、日経マネーの別冊で、ご自身の資産ポートフォリオを公開していましたのでご紹介します。

人気のテレビ番組出演の時の動画から。景気が悪いのはデフレのせいだから、デフレ対策がまず必要だとの認識で、民主党の管財務大臣にプレゼンテーションを行ったのがネットで話題でしたね。

ただし、専門家に言わせると勝間和代のプレゼンは「全く話しにならない」と徹底的に評判が悪かったようです。


それはさておき、勝間和代さんの資産運用を見てみましょう。

下記が、勝間和代さんの、2009年~2010年現在のアセットアロケーションです。

おそらく上記の他に現金も多数確保してらっしゃるのでしょうが、それ以外での金融資産は上記のとおりです。

上記ポートフォリオ形成に関して、本人のコメントがいくつかありましたのでご紹介します。

 ・現物株は20~30銘柄くらいに分散投資
 ・現物株保有の目的は相場観をチェックするためなので、購入後は放置
 ・ただし、損切り注文だけは入れる
 ・現物株投資の成績は、勝率5割~8割、市況が悪い時も市場平均には負けない

 ・投信は、手取り収入の2割~3割をドルコスト平均法で積立て投資
 ・インデックス投資信託中心に購入
 ・購入するファンドは次の通り
   国内外の株式インデックスファンド
   国内外の債券インデックスファンド
   海外リートファンド
   新興国の株式ファンド
   金鉱株ファンド


政府にデフレ解消のプレゼンをすると出来が悪くても、金融商品のコントロールはバッチリな印象です。

もうちょっと詳しいアセットアロケーションを見てみたいですね。

今回の彼女のポートフォリオが掲載されているのは日経マネーの別冊です。マネー関連の初心者向けには、大変良くできているので、一読をお勧めします。

(アマゾンの評価がメチャクチャ悪いですが、アンチ勝間さんが酷評しているからです。そういう評価は無視して、自分の頭で判断するのが良いでしょう)

勝間和代あなたも「お金」に愛される
(日経ホームマガジン 日経マネー)
勝間和代あなたも「お金」に愛される (日経ホームマガジン 日経マネー) 日経マネー

おすすめ平均
starsお金に愛される?→お金は愛で買えない
stars短く、かつ、わかりやすく人を引きつけるタイトルのつけ方は参考になる。
stars無駄に写真が多い
stars資産の有る方向け・・・?
stars結局、女はキレイが勝ち

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


その他で管理人が個人的に気に入っているのは次の本です。

会社に人生を預けるな リスク・リテラシーを磨く (光文社新書)
会社に人生を預けるな リスク・リテラシーを磨く (光文社新書)
おすすめ平均
starsリスクをめぐる概論
stars結局、著者に人生を預けるなか?
starsリスクを感じよう
stars資産運用のスタート本です。
stars勝間に思考を預けるな

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る