基準価額

基準価額(または基準価格)とは、投資信託(ファンド)の時価に相当する値段のことです。取引の最少単位は、1口(くち)と呼ばれ、ファンドは当初1口1円で運用を開始します。

ファンドの純資産総額をファンドの総口数で割ると、1口あたりの価額が計算できます。通常1万口あたりの基準価額が掲載されます。(よって、運用開始時は1万口あたり基準価額は10000円となります。)

運用が開始されると、1万口あたりの基準価額が運用の成果によって上下します。

基準価額は株式のように1日の間で変動し続けるものではなく、取引注文を締め切った後に1日1回だけ算出されます。そのため、購入注文時や売却注文時は、いくらになるかわかりません。

また、分配金を出すと、税引前の1万口あたりの分配金分だけ、基準価額は下落します。(純資産総額が分配金を出した分だけ減るので当然です)

基準価額はファンドの設定時に10000円というだけなので、運用開始日が異なるファンドで基準価額を比較することは、無意味です。(また、分配金の金額によっても変化します)

あるファンドの「基準価額が高いから割高」であるとか、あるいは、「基準価額が低いから割安(←といって説明する銀行員の実例を見てください)」ということではないので、ご注意ください。


 

★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る