繰上償還・償還期間とは?

繰上償還とは、投資信託の純資産総額や口数が一定以下になった場合に、規約に基づいて運用を途中で中止し、本来予定された信託期限が到来する前に償還する事を言います。(ファンドを通じて保有していた株式や債券も、その時の時価で強制的に現金に換えられてしまいます)

信託期限が無期限となっているファンドでも、繰上償還される事があります。ただし、その場合は事前に「繰上償還(予定)のお知らせ」が郵送で届き、運用会社のサイト上にも掲載されます。

規約に基づいて、異議申し立て期間が設けられ、受益者総数のうち決められた比率の反対があれば繰上償還せずに運用を継続する場合があります(ほとんどはそのまま繰上償還されます) 。よって、純資産総額や口数が少ないファンドには注意が必要です。

たいていの場合は、成績の悪いアクティブファンドから資金が流出し、ひっそりと繰上償還されることが多いです。

最近では、純資産が少なかったi-mizuho 新興国債券インデックスのようなインデックスファンドが、運用会社の都合で繰上償還されました。以下が当サイトでお伝えしていたファンドの中で繰上償還されてしまったものの一覧です。

ファンドの名称 信託報酬 繰上償還日
ノーロードファンド(維新) 0.10%+成功報酬 2011年2月4日繰上償還済
三井住友・アクティブオープン 1.40% 2012年9月26日繰上償還済
三井住友 日本株競争力ファンド(うで自慢) 1.50% 2013年8月14日繰上償還済
エコ・バランス(愛称:海と空) 1.10% 2014年2月26日繰上償還済
楽天株式ファンド 1.62%±0.2% 2014年9月18日繰上償還済
安田オリエンタル・セレクト50(愛称:鳳凰・フォンファン) 1.80% 2015年3月23日繰上償還済 
i-mizuho 新興国債券インデックス 0.60% 2015年9月16日繰上償還済
4資産インデックスバランスオープン(愛称:ベーシック4) 0.65% 2015年10月27日繰上償還済
ホリコ・フォーカス・ファンド(愛称:自由の女神) 2.31%(税込) 2016年5月26日繰上償還済
イーストスプリング韓国株式オープン 1.35% 2017年4月3日繰上償還済
PRU国内株式マーケット・パフォーマー 0.65% 2018年3月15日繰上償還済
PRU国内債券マーケット・パフォーマー 0.50% 2018年3月15日繰上償還済
i-mizuho 先進国株式インデックス(為替ヘッジあり) 0.57% 2018年4月27日繰上償還済
i-mizuho 欧州株式インデックス 0.57% 2018年4月27日繰上償還済
i-mizuho オーストラリア株式インデックス 0.57% 2018年4月27日繰上償還済
i-mizuho 東南アジア株式インデックス 0.63% 2018年4月27日繰上償還済
i-mizuho 中国株式インデックス 0.63% 2018年4月27日繰上償還済
i-mizuho 先進国債券インデックス(為替ヘッジあり) 0.57% 2018年4月27日繰上償還済
i-mizuho オーストラリア債券インデックス 0.57% 2018年4月27日繰上償還済
i-mizuho 先進国インフレ連動債券インデックス 0.59% 2018年4月27日繰上償還済 
i-mizuhoハイイールド債券インデックス( 為替ヘッジあり) 0.90% 2018年4月27日繰上償還済 
i-mizuho 先進国リートインデックス(為替ヘッジあり) 0.59% 2018年4月27日繰上償還済 
SMT 日米インデックスバランス・オープン 0.50% 2018年5月10日繰上償還済
明治安田ジャパン・セレクト(愛称:萌芽) 1.60% 2018年9月14日繰上償還済


また、満期償還されたファンドは以下です。

ファンドの名称 信託報酬 償還日
国際のe‐コモディティ 1.035% 2016年8月25日満期償還済
ニッセイコモディティファンド 1.20% 2016年5月25日満期償還済
三井住友・世界食糧関連ビジネスファンド 1.50% 2016年11月29日満期償還済 



償還期間とは?

償還期間とは、投資信託の設定日から運用が終了日(=償還日)までの期間の事で、信託期間とも言います。償還期間はファンド設定時に設定され、5年間程度に定めたファンドから、無期限のものまで存在します。

当サイトでも、ファンドの解説ページに償還日として、「無期限」や償還期間が有限の場合は、「償還日付」を記入しています。

長期投資の観点からは償還期間は無期限が望ましく、SMTインデックスシリーズeMAXISインデックスシリーズ等、ほとんどのインデックスファンドは償還期間は無期限となっています。また、償還日が定められていても、償還日が近づくと延長されるファンドもあります。

ただし、運用期間中に解約が急増し、ファンドの純資産残高が減少するなど運用が困難になった場合などは、償還期間終了前でも繰上償還されることもあります。このため、ファンドを選ぶ際や運用期間中は、純資産残高に注意する必要があります。


参考もうすぐ償還の投資信託は買ってもよいのか?



 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る