LBMA金価格

LBMA金価格(LBMA午後金価格、ロンドン貴金属市場協会金価格、LBMA(London Bullion Market Association) Gold Price)とは、ICE Benchmark Administration Limitedによってロンドン時間の午後に公表される金現物価格を指します。

1トロイオンス当たりの金地金の価格(米ドル建て)を示す代表的な指標として、ゴールドに投資するファンドやETFベンチマークとして最も利用されています。

また日本の投資家向けに円換算される、LBMA金価格(円換算ベース)は、委託会社がLBMA金価格に為替(株式会社三菱東京UFJ銀行仲値)を乗じて算出したもの です。

ロンドン貴金属市場協会(LBMA)は、2015年3月20日より、それまでの金価格の指標であった「ロンドン金値決め価格」を「LBMA 金価格」へ置き換えました。

LBMA 金価格は、(それまでの)ロンドン金値決め価格同様に、オークション方式であり、価格決定タイミングも変わりませんが、

・それまで電話で行われていたオークションが電子取引に変更された。
・当局の規制監視強化。透明性向上


等、より公平な値決めの仕組みに変更されました。

(2015年10月15日更新)

LBMA金価格をベンチマークや参考指数としているファンド

LBMA金価格をベンチマークや参考指数としているファンドには以下があります。

ファンドの名称 信託報酬(税抜)
i-mizuhoゴールドインデックス 0.65%
ステートストリート・ゴールドファンド(為替ヘッジあり) 0.85%


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る