これを選んでおけば間違いない、低コストインデックスファンド完全比較

2018年現在、複数の投信会社が参入して激烈な価格競争が繰り広げられているが低コストインデックスファンドです。投資家にとって、非常に嬉しい事態です。

しかし、投資信託に慣れた人ならばその中から好みの銘柄を自由に選択して自分仕様のポートフォリオを構築する事が出来ますが、初心者にはなかなか難しいのではないかと思います。そこで、

初心者でも理解しやすいように、一覧で比較してみました

低コストインデックスファンド


ただし、本ページの表とにらめっこして楽しいのは、投資マニアくらいです。初心者はこんなページに時間を割かずに、最も素晴らしいファンドだけをピックアップしたインデックスファンドのおススメのページをご覧頂いたほうが早いです・笑。

(2018年8月25日更新)


 

各項目ごとに、低インデックスファンドを比較してみる

比較的メジャーな指数や資産クラスでの比較

まずは、代表的な資産クラスごとに、低コストインデックスファンドの信託報酬(税抜)を比較してみます。赤文字で記した部分が、各シリーズでの最低コストのファンドです。(数字の下のカッコ内の数字は、信託財産留保額です)

なお、ベンチマークが微妙に異なるファンド同士も比較しています。超低コストインデックスファンドのみを記載しており、ややコストが高めになったインデックスファンドシリーズは除外しています。

そして結論は、eMAXIS slimインデックスシリーズニッセイ<購入・換金手数料なし>シリーズのいずれかを買っておけばOKです。

とりわけ、eMAXIS slimは常に業界最低水準の信託報酬に順次値下げしてきますので、迷ったらそれにしておけば良いでしょう。
(しかも純資産が一定以上になると、更に自動的に信託報酬が安くなりますので、それに決まりと言っても良い状態です。)

↓該当ページへ 日経平均 TOPIX JPX日経400 先進国株式 新興国株式
eMAXIS slim 0.159% 0.159% なし 0.109% 0.189%
ニッセイ 0.159% 0.159% 0.195% 0.109% 0.189%
iFree 0.17% 0.17% 0.195% 0.19% 0.34%
三井住友 なし 0.16% なし 0.25% 0.56%
たわら 0.17% 0.17% なし 0.2% 0.34%
(0.3%)
Smart-i 0.17% 0.17% なし 0.2% 0.34%
i-SMT 0.17% 0.17% なし 0.19% 0.33%
つみたて 0.18% 0.18% なし 0.2% 0.34%
EXE-i なし なし なし 0.1095% 0.19%
楽天バンガード なし なし なし 0.23% 0.25%
↓該当ページへ 日本債券 先進国債券 新興国債券 日本リート 海外リート
eMAXIS slim 0.139% 0.17% なし なし なし
ニッセイ 0.139% 0.17% なし 0.25% 0.27%
iFree 0.14% 0.18% 0.22% 0.29% 0.31%
三井住友 0.16% 0.21%
(0.1%)
0.56% 0.26% 0.28%
たわら 0.14% 0.17% なし 0.25% 0.27%
Smart-i 0.14% 0.19% なし 0.17% 0.2%
i-SMT なし なし なし なし なし
つみたて なし なし なし なし なし
EXE-i なし 0.43% なし なし 0.344%
楽天バンガード なし なし なし なし なし


なお、eMAXIS slimインデックスシリーズニッセイ<購入・換金手数料なし>シリーズ以外を保有していたとしても、その差は誤差の範囲内と言えます。

上記のような低コストインデックスファンドであれば、どれも「間違い」と言う事はありませんので、安心して下さい


 


様々な資産クラスごとに、低コストインデックスファンドを徹底比較

次に、様々な資産クラスごとに、低コストインデックスファンドを徹底的に比べてみます。投資先名をクリックして頂くと、それぞれに設定された低コストインデックスファンドのランキングに飛びます。

低コストインデックスファンド


コストだけでなく、現時点での純資産総額も掲載しています。純資産の単位は、「億円」にです。純資産の少ないファンドを選ぶと、将来、繰り上げ償還になって運用ができなくなってしまう恐れもありますので、できれば資産10億円未満のものは避けたほうが良いでしょう。

ただし、少ないと言ってもマザーファンドが大きくて、実態的には何ら問題は無いと思われるファンドもありますから、何か心配事が有ったら、当サイト管理人にご質問頂いても構いません。

なお、信託報酬以外の費用も含めた実質コストについては、投資マニア以外は気にする必要はありません。素直に、最も信託報酬の低いファンドを買っていれば、大概は実質コストも最低レベルになります。

資産クラス 投資先
日本株式 日経平均
TOPIX
JPX日経400
その他の日本株指数
全世界株式 全世界株式
先進国株式 先進国株式(為替ヘッジなし)
先進国株式(為替ヘッジあり)
米国株式
新興国株式 新興国株式
日本債券 日本債券
先進国債券 先進国債券(為替ヘッジなし)
先進国債券(為替ヘッジあり)
新興国債券 新興国債券
日本リート 日本リート
海外リート 海外リート
均等タイプバランス 4資産均等型
6資産均等型
8資産均等型
バランス型投信については、信託報酬の安いバランス型投資信託ランキングのページも参考にして下さい。


日経225(日経平均株価)

日経平均株価に連動するインデックスファンドです。分散投資の観点からは次項のTOPIX連動タイプのほうが良いのですが、日経平均のほうが馴染みがあって投資しやすいというのであれば、このタイプでも特段の問題は有りません。

順位 ファンド名称 信託報酬 純資産
eMAXIS Slim 国内株式(日経平均) 0.159% 5.0
<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド 34.7
iFree 日経225インデックス 0.17% 22.7
たわらノーロード 日経225 69.1
Smart-i 日経225インデックス 9.2
i-SMT 日経225インデックス(ノーロード) 0.1


TOPIX(東証株価指数)

上で紹介した日経平均よりも、TOPIX(東証株価指数)のほうが分散が効いていますので、インデックス投資家はこちらをメインに買っています。

順位 ファンド名称 信託報酬 純資産
eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX) 0.159% 37.5
<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド 189
三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド 0.16% 163
たわらノーロード TOPIX 0.17% 6.8
iFree TOPIXインデックス 6.7
Smart-i TOPIXインデックス 0.3
i-SMT TOPIXインデックス(ノーロード) 0.7


JPX日経400

JPX日経400に連動するインデックスファンドです。売れ行きはネットで販売するものが苦戦しており、店頭でも売られるものはそれなりに純資産があります。ダイワは新設ファンド。

順位 ファンド名称 信託報酬 純資産
<購入・換金手数料なし>ニッセイJPX日経400インデックスファンド 0.195% 12.2
iFree JPX日経400インデックス 3.4
野村インデックスファンド・JPX日経400 0.4% 78.7
eMAXIS JPX日経400インデックス 0.4% 67.5
ダイワ・ノーロード JPX日経400ファンド 0.51% 0.1


その他の日本株指数

こちらは、マイナーな日本株指数に連動するインデックスファンドです。TOPIXよりもリターンは高めに推移しているのですが、純資産が少ないので、手を出しにくいですね。

ベンチマーク ファンド名称 信託報酬 純資産
JPX日経中小型株指数 SMT JPX日経中小型株インデックス・オープン 0.4%
(0.1%)
1.4
eMAXIS JPX日経中小型インデックス 0.4%
(0.3%)
6.3
iSTOXX MUTB JAPAN クオリティ150インデックス eMAXIS JAPAN クオリティ150インデックス 0.4% 16.4


全世界株式

全世界の株式に分散投資するインデックスファンドです。この項では、ベンチマークが異なるものも1つの表にまとめています。本来はベンチマークが違えばコストによる比較もあまり意味をなさなくなりますから、その点には注意して、以下の表をご覧ください。

順位 ファンド名称 ベンチマーク 信託報酬 純資産
eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本) 0.142% 19.0
EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス 11.5
野村つみたて外国株投信 MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本・配当込み) 0.19% 32.3
楽天・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:楽天・バンガード・ファンド(全世界株式)) FTSE グローバル・オールキャップ・インデックス 0.23% 121.5
三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本・配当込み) 0.25% 90.6


先進国株式(為替ヘッジなし)

日本を除く先進国株式に投資できるインデックスファンドです。一般的には、ここに示したような、為替ヘッジが無いタイプに投資する人が大半でしょう。

順位 ファンド名称 ベンチマーク 信託報酬 純資産
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス MSCI コクサイ・インデックス 0.109% 198
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド MSCI コクサイ・インデックス(配当込み) 984
EXE-i つみたて先進国株式ファンド FTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックス 0.1095% 4.0
iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジなし) MSCI コクサイ・インデックス 0.19% 15.2
i-SMT グローバル株式インデックス(ノーロード) 0.1


先進国株式(為替ヘッジあり)

日本を除く先進国株式に投資できるインデックスファンドのうち、為替ヘッジ付きのものを、この項で記します。為替ヘッジコストをかけてでも、為替リスクを軽減したい人向きです。

順位 ファンド名称 ベンチマーク 信託報酬 純資産
iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジあり) MSCI コクサイ・インデックス(為替ヘッジあり) 0.19% 3.0
たわらノーロード 先進国株式<為替ヘッジあり> MSCI コクサイ・インデックス(配当込み、為替ヘッジあり) 0.2% 30.7
つみたて先進国株式(為替ヘッジあり) MSCI コクサイ・インデックス(為替ヘッジあり) 0.4
野村インデックスファンド外国株式・為替ヘッジ型 0.55% 34.6


先進国株式(米国株式)

最近人気の、米国株に投資できるインデックスファンドです。最近、だいぶファンドが増えてきましたね。コストも低くて、良い投資環境です。以下のほか、ナスダックに投資できるiFreeNEXT NASDAQ100 インデックス(信託報酬0.45%)なども注目です。

順位 ファンド名称 ベンチマーク 信託報酬 純資産
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) S&P500(配当込み) 0.16% 21.1
楽天・全米株式インデックス・ファンド CRSP US トータル・マー ケット・インデックス 187
楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド FTSE ハイディビデンド・イールド・インデックス 0.22% 12.6
iFree NYダウ・インデックス ダウ平均 0.225% 72.3
たわらノーロード NYダウ 11.5
iFree S&P500インデックス S&P500 56.2


新興国株式

新興国株式に投資できる低コストインデックスファンドです。なお、為替ヘッジが付いた新興国株式向けのインデックスファンドはありません。

順位 ファンド名称 ベンチマーク 信託報酬 純資産
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス MSCIエマージング・マーケット・インデックス 0.189% 82.2
<購入・換金手数料なし>ニッセイ新興国株式インデックスファンド MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込み) 5.1
EXE-i つみたて新興国株式ファンド FTSE・エマージング・インデックス 0.19% 7.1
楽天・新興国株式インデックス・ファンド FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)・インデックス 0.25% 8.3
eMAXIS 日経アジア300インベスタブル・インデックス 日経アジア300インベスタブル指数 0.30% 5.9


日本債券

国内債券ファンドについては、以下のようなインデックスファンドではなくて、コストのかからない個人向け国債の10年物で代用しても構いません。最近は、インデックス投資家は個人向け国債を買う人が多いと思われます。

順位 ファンド名称 ベンチマーク 信託報酬 純資産
eMAXIS Slim 国内債券インデックス NOMURA-BPI総合 0.139% 20.0
<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド 65.2
iFree 日本債券インデックス 0.14% 1.1
Smart-i 国内債券インデックス 0.1
たわらノーロード 国内債券 56.5


先進国債券(為替ヘッジなし)

先進国債券(為替ヘッジなし)です。この部分は、人によっては為替ヘッジをかけて、安全資産としての役割を持たせようとする人もおられます。

順位 ファンド名称 ベンチマーク 信託報酬 純資産
eMAXIS Slim 先進国債券インデックス FTSE世界国債インデックス(除く日本) 0.17% 22.7
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド 92.6
たわらノーロード 先進国債券 42.0
iFree 外国債券インデックス 0.18% 12.7
Smart-i 先進国債券インデックス(為替ヘッジなし) 0.19% 0.0


先進国債券(為替ヘッジあり)

先進国債券(為替ヘッジあり)です。低コストインデックスファンド以外に、ひとくふう世界国債ファンド(為替ヘッジあり)(信託報酬0.25%)という、低コストのアクティブファンドも存在します。

順位 ファンド名称 ベンチマーク 信託報酬 純資産
Smart-i 先進国債券インデックス(為替ヘッジあり) FTSE世界国債インデックス(除く日本)(為替ヘッジあり) 0.19% 0.2
たわらノーロード 先進国債券<為替ヘッジあり> 0.2% 28.0
SMT グローバル債券インデックス・オープン(為替ヘッジあり) 0.5% 26.1


新興国債券

新興国債券インデックスファンドで低コストと言えるものは、信託報酬0.22%のiFree 新興国債券インデックスのみになります。純資産は18.7億円です。次にコストの低いファンドの信託報酬は0.52%となってしまいますので。


日本リート

日本国内のリートに投資できる低コストインデックスファンドです。実は日本リートと、次の項の海外リートに関しては、Smart-iのファンドが低コストナンバーワンです。

順位 ファンド名称 ベンチマーク 信託報酬 純資産
Smart-i Jリートインデックス 東証REIT指数(配当込み) 0.17% 2.6
<購入・換金手数料なし> ニッセイJリートインデックスファンド 0.25% 85.6
たわらノーロード 国内リート 26.2
三井住友・DC日本リートインデックスファンド 0.26% 6.5
iFree J-REITインデックス 0.29% 3.5


海外リート

海外リートの低コストインデックスファンドです。第2位は、先進国だけではなくて新興国リートも含むのが特徴です。

海外リートで為替ヘッジ付きを求める場合は、たわらノーロード 先進国リート<為替ヘッジあり>(信託報酬0.35%)を選ぶと良いでしょう。

新興国リートについては、eMAXIS 新興国リートインデックスSMT新興国REITインデックス・オープン(共に信託報酬0.6%)が唯一の選択肢です。

順位 ファンド名称 ベンチマーク 信託報酬 純資産
Smart-i先進国リートインデックス S&P先進国REIT指数(除く日本)(配当込み) 0.20% 2.3
<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックス S&Pグローバルリートインデックス(除く日本、配当込み) 0.27% 54.8
たわらノーロード 先進国リート S&P先進国REIT指数(除く日本)(配当込み) 34.5
三井住友・DC外国リートインデックスファンド 0.28% 18.4
iFree 外国REITインデックス 0.31% 1.6


4資産均等型

日本株式、先進国株式、日本債券、先進国債券の4資産に均等で投資するタイプのバランス型の低コストインデックスファンドです。

順位 ファンド名称 信託報酬 純資産
<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型) 0.219% 25.3
つみたて4資産均等バランス 0.22% 3.0
eMAXIS バランス (4資産均等型) 0.5% 11.0


6資産均等型

日本株式、先進国株式、日本債券、先進国債券、日本リート、海外リートの6資産に均等で投資するタイプのバランス型の低コストインデックスファンドです。全く不人気です。

順位 ファンド名称 信託報酬 純資産
<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型) 0.159% 1.1
野村6資産均等バランス 0.22% 15.3


8資産均等型

日本株式、先進国株式、新興国株式、日本債券、先進国債券、新興国債券、日本リート、海外リートの8資産に均等で投資するタイプのバランス型の低コストインデックスファンドです。均等タイプバランスファンドは、この8資産型が人気なようです。

順位 ファンド名称 信託報酬 純資産
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 0.159% 150
<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(8資産均等型) 0.209% 0.8
たわらノーロード バランス(8資産均等型) 0.22% 10.1
iFree 8資産バランス 91.3
つみたて8資産均等バランス 27.0


低コストインデックスファンドの購入先

上記の低コストインデックスファンドを買う場合は、当サイト管理人は管理人的には、ポイント利用でコストを更に徹底的に削減する効果のある、楽天証券SBI証券の利用がベストだと思います。どちらでもお好みのところを利用ください。


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします


ページトップへ戻る