MBS (Mortgage Backed Security)

MBS(Mortgage Backed Security)とは、「モーゲージ証券」(モーゲージバック証券)のことで、住宅ローンなどの不動産担保融資の債権を担保として発行される有価証券をさします。

MBS (Mortgage Backed Security)とは


具体的には、住宅ローンなどの不動産担保融資の貸し手である銀行が不動産担保債権をMBS発行体に売却し、その発行体が不動産担保債権を元として、元利金の支払保証を付ける等信用度や格付けを高めた上でMBSを発行する仕組みとなっています。

債権や不動産などの各種資産の信用力やキャッシュフローを担保として発行される有価証券であるABS(資産担保証券)の一種で、MBSは不動産担保融資の債権を担保としていることが特徴です。


 


MBSの種類

MBSは不動産担保の種類によって、以下のようにRMBSとCMBSに大別されます。

担保の違いによるMBS分類
MBS種類 内容  担保
 RMBS 住宅ローン担保証券(Residential Mortgage Backed Securities) 住宅ローン
 CMBS 商業用不動産ローン担保証券(Commercial Mortgage Backed Securities) 商業用不動産ローン(オフィスビルやショッピングセンター等)


MBSは期限前償還付き債券

一見、不動産担保債権が元手のため、手堅いように見えますが、不動産担保の借り手には住宅ローンの繰上返済も選択できます。

そのため、MBSには期限前償還の可能性があり、その分MBSに投資している投資家はMBSからのキャッシュフローを確定できない分、リスク(リターンの不確実性)があります。したがって、MBSは普通社債より一般的に相対的に高めの利回りとなります。

アメリカでは、ファニーメイ(連邦住宅抵当公庫)、フレディマック(連邦住宅金融抵当金庫)により発行されたMBSが、リーマンショックの際にサブプライムローンが担保とされていたことにより価格がつかなくなり、世界的金融危機の要因になりました。

想定される以上のリスクを含む場合があることには注意が必要です。


MBSは日本債券指数にも含まれています

日本債券ファンドの代表的なベンチマークであるNOMURA-BPI総合にも、格付けがA格相当以上のMBSが約1.2%含まれています。NOMURA-BPI総合のMBSのみを対象にしたサブ指数として、NOMURA-BPI MBS指数があります。


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る