MHAM6資産バランスファンド(愛称:六花選)の評価・解説

MHAM6資産バランスファンド(愛称:六花選)は、国内外の債券、株式およびリート(不動産投資信託)の計6資産のアクティブ型のマザーファンドに1/6ずつ均等配分で投資するアクティブ型のバランスファンドです。

信託報酬1.15%と高コストな上、年6回分配金を出すといった、「分配金が出ればうれしい」と考える人向けのファンドです。

(2015年7月25日更新)


MHAM6資産バランスファンド(六花選)の特徴・評価

・購入単位:証券会社により異なりますがSBI証券では最低100円より購入可能。
信託報酬年率1.15%(税抜)
信託財産留保額:0.2%
・決算:隔月決算。年6回(奇数月の12日分配)
・資産配分比率: 2015年6月30日時点の投資比率は以下。

投資対象のアクティブ・マザーファンド 投資対象  参考指数  比率 基本配分比率
 MHAM日本債券マザーファンド  国内公社債  NOMURA-BPI総合  16.8%  16.6%
 MHAM好配当利回り株マザーファンド  国内株式  TOPIX(東証株価指数)  16.4%  16.6%
 MHAM J-REITマザーファンド  国内リート  東証REIT指数(配当込み)  16.6%  16.6%
 MHAM/SWIP海外好配当株マザーファンド  先進国株式  MSCIコクサイインデックス  16.4%  16.6%
 MHAM海外債券マザーファンド  先進国債券  シティ世界国債インデックス(除く日本)  16.4%  16.6%
 MHAMグローバルREITマザーファンド  先進国リート S&P先進国REIT指数(除く日本)、配当込み   16.0%  16.6%



・償還日:無期限
・運用: アセットマネジメントONE
・為替ヘッジ:なし


 


MHAM6資産バランスファンド(六花選)・管理人の感想

国内と先進国の株式、債券、リートの計6資産に均等投資して分散自体は効いていますが、なにしろ信託報酬が年1.15%(税抜)とコストが高すぎます。

無駄にアクティブファンドに投資しており、株式クラスは一見ベンチマークを上回る成績を出しているように月報では見えていますが、実際はベンチマークが配当込みではないため、フェアではありません。

(債券やリートは配当込みのベンチマークと比較していますので、見せ方が巧妙です。しかも債券やリートはベンチマークと運用成績の差がありません)

この程度のアクティブファンドであれば、低コストのインデックスファンドに投資したほうがよほどましです。

しかも、年6回の奇数月分配と売り文句が「年金の補填代わりになりますよ」といいやすい、投資信託を良く分かっていない人向けのファンドです。

年金受給者だろうが高齢者だろうが、ファンドの分配金がないと生活できないというのであれば、リスクの取りすぎです。

運用する資金のみ低コストのインデックスファンドで運用し、生活資金はファンドでなく定期預金や国債などの安全資産からねん出すべきです。

(画像は当ファンドと関係はありません。なんでも貰えればいいのか??っていうイメージです)

資金の大半を本ファンドのようなぼったくりファンドに投入し、分配金を年金に充てるのは信託報酬が高く割にあいません。

リスク資産を切り崩したければ、低コストのファンドに投資しておき、必要な時に好きなだけ部分解約すれば済む話です。(⇒投資信託定期売却サービス

毎月分配型やら隔月分配型などの多分配型ファンドに騙されることなく、年齢に無関係に冷徹に低コストを追求すべきです。

当ファンドと同じ、国内と先進国の株式、債券、リートの6資産に分散投資するバランスファンドであれば、より低コストのSBI資産設計オープン(愛称:スゴ6)(税抜き信託報酬:0.68%)を選択すればOKです。

また、新興国株式、債券クラスを加えた8資産に均等投資できるeMAXIS バランス(8資産均等型)(信託報酬0.50%(税抜))もあります。

本ファンドのような高コストファンドを選ぶ必要は、全くありません。コストは確実にその分、リターンを侵食することを真に理解したうえで資産運用を行っていく必要があることを、再認識させてくれるファンドです。

それにしても、このファンドも相当のボッタクリファンドだと思っていたのですが、最近の投資信託業界はさらに進化して、あり得ないくらいのハイリスク投信をあり得ないレベルの更なる高コストで売りつけるようになっています。

それを何の疑問もなくホイホイと買われる方が多いのですから、本当に嘆かわしい。そして、将来相当のお金を溶かす事になるんだろうなと思うと、切ない気持ちになりますね。



MHAM6資産バランスファンド(愛称:六花選)の購入先

MHAM6資産バランスファンド(愛称:六花選)をノーロードで購入できる銀行・証券会社は以下の通りです。

SBI証券
マネックス証券楽天証券カブドットコム証券ジャパンネット銀行

証券口座選びに迷った場合は、 管理人神推しの証券口座のページ を参考にして下さい。
徹底的にコストにこだわるなら SBI証券 を選ぶと良いでしょう。


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る