MHAM海外好配当株ファンド・・・そこそこ良いが、問題点もある

MHAM海外好配当株ファンドは、MSCIコクサイ インデックス参考指数とする先進国株式アクティブファンドです。2005年4月27日に設定されました。

海外の好配当株に投資を行い、高水準の配当収入の確保と信託財産の中長期的な成長を目指す」という方針のアクティブファンドです。




配当利回りが比較的高い約40銘柄に投資することで、過去3年のリターンは、先進国株式インデックスファンドを上回るリターンを上げておりますが、配当込指数と比べると勝てておらず、存在価値のあるアクティブファンドもどきと言えます。

(2016年8月4日)


 


MHAM海外好配当株ファンドの基本的情報

・購入単位:販売会社により異なりますが、SBI証券では最低500円より積立購入可能。
・信託報酬:年率1.07%(税抜)
信託財産留保額:なし
・決算:年4回(1月20日、4月20日、7月20日、10月20日)。毎月70円の分配金。
・資産配分比率: (日本を除く)先進国株式計42銘柄に投資(2016年6月30日時点)

国別構成比率は以下の通りです。米国を中心に計9か国に投資しています。

MHAM海外好配当株ファンド 国別構成比率


組入上位10銘柄の構成比率は以下の通りです。上位には薬品会社大手のファイザー製薬や、アルトリア、レイノルズ等大手タバコ会社が並びます。

MHAM海外好配当株ファンド 組入上位10銘柄の構成比率


・償還日:無期限
・運用:アセットマネジメントONE
・為替ヘッジ:なし


MHAM海外好配当株ファンドの評価は?

インデックスファンドよりもリターンの良いアクティブファンド

MHAM海外好配当株ファンドは、信託報酬1.07%(税抜)と先進国株式ファンドとしては、コストが高めですが、過去のリターンは先進国株式インデックスファンドを上回っている優秀なアクティブファンドです。

以下が、MHAM海外好配当株ファンドとSMTグローバル株式インデックス、さらに参考指数(ここでは配当込)との、過去3年のリターン比較です。




インデックスファンドに対して3年間で2%ほど勝利しており、まあ優秀なアクティブファンドと言えるでしょう。ただし、配当込指数に対しては負けているので、アクティブファンドとしては健闘しているほうだとは思いますが、あまりに微妙な「勝ちっぷり」なので、おすすめアクティブファンドの認定は、ぎりぎり見送りかなあと思います。

それに、MHAM海外好配当株ファンドの上記のリターンは、分配金にかかる税金をゼロとしたありえない仮定の場合です。実際は、年4回計280円の分配金を出しており、普通分配には税金が取られる分、上記グラフよりもリターンは下がりますから、やはりもうちょっと頑張って頂きたいなと思います。


年4回の分配の出し方が、タコ足気味になっている点に注意

それから本ファンドは高配当を目当てにしているので、年4回の分配があります。分配を狙う投資は株式投資の配当利回り目当ての投資と同様で、それ自体は否定しません。

しかし投資信託の分配金でけしからんのは、配当金収入を上回る額の分配がある事です。下記は直近1年間の分配履歴です。4回分配したうちの3回までが、その期の収益では分配金が賄えなかったことが分かります。




というか、かなりの金額が配当収益以外でねん出されている事になります。では、配当以外でどこから収益が転がり込んでくるのか? 1万口当たり70円と言う金額は明らかに分配金としては高すぎるはずで、おそらく投資元本の取り崩しでカバーしている可能性が高いです。

分配タイプのファンドは、実際に自分がそのファンドを購入しないと、本当に元本取り崩しが行われているのか、外から事前に正確に判断することができません。せめて分配原資の内訳をチェックしていただいて、ある程度の想像力を働かせることが大切です。


コストが高く、今後もよいリターンが継続できるかは不明

コストの話しに戻ると、本ファンドの信託報酬は年1.07%(税抜)と高めである分、確実にリターンを引き下げます。今後のリターンが継続して、年0.2%前半と非常に低いたわらノーロード先進国株式のような新登場のインデックスファンドに勝てるかどうかはかなり微妙です。

アセットアロケーションの外国株式部分は、本ファンドの投資対象よりもはるかに分散が効いた低コストの外国株式インデックスファンドをメインにし、アクティブファンドが欲しい場合は、サテライト的に投資する程度で良いでしょう。


MHAM海外好配当株ファンドの購入先

MHAM海外好配当株ファンドをノーロードで購入できる証券会社は、以下の通りです。

SBI証券楽天証券

あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を、証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、 SBI証券 の利用がコストを徹底的に抑えられるのでベストだと思います。



 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る