MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(ACWI)

MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(MSCI世界株価指数、MSCI All Country World Index(ACWI))とは、モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI Inc)が算出し公表している指数で、先進国23ヵ国と新興国24ヵ国計47ヵ国の各国株式市場の値動きを表す全世界株式指数です。

浮動株調整時価総額比率での市場全体の上位銘柄85%をカバーしており、2489銘柄から構成される浮動株調整時価総額加重平均方式で算出されています。

MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(ACWI)


MSCI社の株式指数の分類
指数(世界全体大型株)  投資国 指数 指数  投資国 指数
MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(ACWI)  先進国株式  MSCIワールド・インデックス  -  日本 MSCIジャパンインデックス
MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)  先進国(除く日本) MSCI コクサイ インデックス
 新興国株式  -  MSCIエマージング・マーケット・インデックス


国別構成比率 及び 主要業種構成比率、上位銘柄構成比率は下記の通りです。 

(2018年6月21日更新)



 


MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス 国別構成比率

国別構成比率は以下の通りです。(2018年5月31日時点)

構成国 比率
アメリカ 53.3%
日本 8.0%
イギリス 5.8%
中国 3.7%
フランス 3.5%
その他42ヵ国 25.8%



MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス 上位10業種の構成比率

業種別構成比率は以下の通りです。(2018年5月31日時点)

業種 比率
情報技術 19.7%
金融 17.8%
一般消費財・サービス 12.4%
ヘルスケア 10.9%
工業 10.7%
生活必需品 7.9%
エネルギー 6.7%
素材 5.4%
不動産 3.0%
公益 2.9%
電気通信サービス 2.7%



MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス 上位10銘柄構成比率

組入上位10銘柄の構成比率は以下の通りです。(2018年5月31日時点) アップル、マイクロソフト、アマゾン、フェイスブックなど世界的な大企業が並びます。

銘柄 比率
アップル 2.1%
マイクロソフト 1.6%
アマゾン 1.5%
フェイスブック 1.0%
JPモルガンチェース 0.82%
エクソンモービル 0.76%
アルファベット C 0.75%
アルファベット A 0.72%
ジョンソンエンドジョンソン 0.71%
テンセント 0.64%



同指数をベンチマークや参考指数としているファンド

MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスをベンチマークや参考指数とするファンドとしては、以下があります。

ファンドの名称 信託報酬(税抜)
全世界株式インデックス・ファンド 0.48%



同指数の「除く日本」をベンチマークや参考指数としているファンド

また、日本を除くMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)は、日本を除く先進国株式指数であるMSCI コクサイ インデックスと新興国株式指数であるMSCIエマージング・マーケット・インデックスとの合成指数です。

先進国株式と新興国株式の比率は、現在約87:13です。

MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本) をベンチマークや参考指数とするファンドとしては、以下があります。

ファンドの名称 信託報酬(税抜)
eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) 0.142%
野村つみたて外国株投信 0.19%
三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド 0.25%
eMAXIS 全世界株式インデックス 0.60%
ニッセイ世界代表株ファンド 1.34%
セゾン資産形成の達人ファンド 1.35%
朝日Nvest グローバル バリュー株オープン(愛称:Avest-E(エーベスト・イー)) 1.80%


MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスがカバーしきれない時価総額下位15%の銘柄のうち、MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス・スモールキャップ は下位14%を投資対象とする全世界中小型株式指数です。

これら地球上の資本全体を投資対象とする指数をベンチマークとするファンドを利用することで、簡単に国際分散投資が可能となります。


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る