MSCIエマージング・マーケット・インデックスとは

MSCIエマージング・マーケット・インデックス(MSCI Emerging Markets Index)とは、MSCI.INc.が算出し公表している指数で、新興国23ヵ国の株式で構成される新興国株式指数です。

代表的な先進国株式指数であるMSCIコクサイ インデックスと同様に、浮動株調整時価総額加重平均により銘柄比率が決定されています。

837銘柄の新興国株式銘柄で構成されており、各国の浮動株調整時価総額の85%以上をカバーしています。

構成国や構成銘柄等については定期的に見直しが行なわれます。 国別構成比率 及び 業種別構成比率は下記の通りです。 
 

(2017年11月11日更新)


 


MSCIエマージング・マーケット・インデックス、国別構成比率(2016年1月29日時点)


構成国 比率
中国 24.81%
韓国 15.73%
台湾 12.35%
インド 8.68%
南アフリカ 6.99%
その他 31.43%

2013年11月に構成国入替があり、ギリシャが入り、モロッコが外れています。現在は計23ヶ国構成です。また、2014年5月より(現在はフロンティア株式市場に分類されている)UAEとカタールがMSCIエマージング・マーケット・インデックスに組入れられています。


MSCIエマージング・マーケット・インデックス 業種別構成比率(2016年1月29日時点)


業種 比率
金融 27.06%
情報技術 20.74%
一般消費財、サービス 9.91%
生活必需品 8.61%
エネルギー 7.33%
電気通信サービス 7.10%
資本財・サービス 7.02%
素材 6.02%
公益事業 3.20%
ヘルスケア 3.01%


MSCIエマージング・マーケット・インデックスをベンチマークとするファンド

MSCIエマージング・マーケット・インデックスをベンチマークや参考指数とするファンドとしては以下があります。

ファンド 信託報酬(税抜)
<購入・換金手数料なし>ニッセイ新興国株式インデックスファンド 0.339%
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 0.339%
たわらノーロード 新興国株式 0.495%
インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式 0.55%
三井住友・DC新興国株式インデックスファンド 0.56%
i-mizuho 新興国株式インデックス 0.58%
SMT 新興国株式インデックス・オープン 0.60%
野村インデックスファンド・新興国株式 0.60%
eMAXIS 新興国株式インデックス 0.60%
たわらノーロードplus 新興国株式低ボラティリティ高配当戦略 0.90%
シュローダー・エマージング株式ファンド(3ヵ月決算型) 1.88%
JPMエマージング株式ファンド 1.90%

新興国株式市場の値動きを表す指数として、FTSE・エマージング・インデックスと共に重要な指数と言えます。

また、新興国の中小型株式のみを対象とするMSCIエマージング・マーケット・インデックス・スモールキャップもあります。


 



★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る