MSCIインデックス・セレクト・ファンド コクサイ・ポートフォリオの評価

MSCIインデックス・セレクト・ファンド コクサイ・ポートフォリオは、日本を除く先進国の株式の代表的な指数である、MSCIコクサイインデックスベンチマークとする先進国株式インデックスファンドです。

MSCIインデックス・セレクト・ファンド コクサイ・ポートフォリオ


1997年11月に設定された老舗ファンドであり、低コストインデックスシリーズが存在しなかった昔は、信託報酬が年0.90%(税抜)と高くても、数少ない先進国株式インデックスファンドとして知られていました。

現在は、信託報酬がずっと低い先進国株式インデックスファンドの登場により、すっかり時代遅れのコスト水準のファンドになってしまいました。

(2016年4月24日更新)


 

MSCIインデックス・セレクト・ファンド コクサイ・ポートフォリオの基本的情報

・購入単位:証券会社により異なりますが、SBI証券では積立で500円より購入可能。
・信託報酬:年率0.90%(税抜)
信託財産留保額:なし
・決算:年1回(11月19日)。 
2006年、2007年は分配金を出していますが、2008年以降は分配金は出していません。
・資産配分比率: MSCIコクサイインデックス構成1331銘柄に投資(2016年3月31日時点)

組入上位5ヶ国の構成比率は以下の通りです。

構成国 比率
アメリカ 62.8%
イギリス 7.6%
フランス 4.0%
カナダ 3.6%
ドイツ 3.6%

組入上位10銘柄は以下の通りです。

MSCIインデックス・セレクト・ファンド コクサイ・ポートフォリオ 組入上位10銘柄の構成比率

・償還日:無期限
・運用:インベスコ投信投資顧問株式会社
・為替ヘッジ:なし


MSCIインデックス・セレクト・ファンド コクサイ・ポートフォリオ感想と評価

MSCIコクサイインデックスをベンチマークとする先進国株式インデックスファンドとして、今現在は信託報酬0.90%は高すぎて、全く購入検討に値しません。1997年に設定された歴史あるインデックスファンドとして昔は貴重な存在でしたが、今ではずっとの低コストの

たわらノーロード 先進国株式(信託報酬0.225%)
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド(信託報酬0.24%)


を、購入する事ができます。本ファンドのような、今どき信託報酬0.90%の先進国株式インデックスファンドの選択はありえません。未だに購入している方が何を考えているのか不思議です。(購入して永遠に放置できるというのは、ある意味才能であるとは思いますが)

実際に2013年12月からの過去約2年4カ月の、MSCIインデックス・セレクト・ファンド コクサイ・ポートフォリオと、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドのリターン比較が以下です。

MSCIインデックス・セレクト・ファンド コクサイ・ポートフォリオと<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドのリターン比較


MSCIインデックス・セレクト・ファンド コクサイ・ポートフォリオのリターン+15.08%に対して、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドのリターンは+16.31%と、信託報酬が低いニッセイ外国株式インデックスファンドの方が、1.2%以上、リターンが良いです。

アセットアロケーション決定後の各資産クラスのファンドには、インデックスファンドのおすすめにあるような、低コストのインデックスファンドをメインとするべきです。

それにしてもここまでコストが下がるとは、ようやく日本も低コストの国際分散投資が行いやすい環境が整ってきたことを実感します。低コストのファンドを利用して、少しでも効率的に資産形成していきたいですね。



MSCIインデックス・セレクト・ファンド コクサイ・ポートフォリオの購入先

MSCIインデックス・セレクト・ファンド コクサイ・ポートフォリオをノーロードで購入できる銀行・証券会社は下記の通りです。

SBI証券楽天証券マネックス証券SMBC日興証券(ダイレクトコース)ソニー銀行

あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、ポイント利用でコストを徹底的に削減する効果のある、SBI証券楽天証券の利用がベストだと思います。(どちらでもお好みのところを利用ください。)


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします


ページトップへ戻る