MSCI東南アジアインデックスとはどんな指数か?

MSCI東南アジアインデックス(MSCI東南アジア指数、MSCI ACアセアン指数、MSCI AC ASEAN Index(MSCI All Country ASEAN Index))とは、MSCI社(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)が算出、公表しているアセアン株式指数(米ドル建て、配当抜き)です。

MSCI東南アジアインデックス


アセアン地域の先進国1ヶ国(シンガポール)と新興国4ヵ国(マレーシア、インドネシア、タイ、フィリピン)の計5ヶ国の株式で構成されています。MSCI東南アジアインデックスの基本情報は以下の通りです。

項目 内容
投資対象 アセアン各国(シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、フィリピン)の取引所に上場している大型株、中型株の中から、 各国の浮動株調整時価総額の85%以上をカバーするよう構成。
現在は155銘柄構成。(2019年6月末時点)
各銘柄の構成比率 浮動株調整時価総額加重平均
通貨 米ドル建て
 配当利回り 年3.0%(2019年6月末時点) 


MSCI東南アジアインデックスのMSCI指数での位置づけは以下の通りです。

MSCI東南アジアインデックスの分類
指数(世界全体) 地域  指数  投資国 指数
MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(ACWI)  アセアン地域 MSCI東南アジアインデックス(MSCI ACアセアン指数)  シンガポール MSCIシンガポール
 マレーシア  MSCIマレーシア
 インドネシア  MSCIインドネシア
タイ  MSCIタイ
フィリピン  MSCIフィリピン
 それ以外  - -


MSCI指数以外のアセアン諸国の株式指数としては、MSCI東南アジアインデックスと同じ5ヶ国の株式で構成されるFTSEアセアン40インデックス もありますが、40銘柄構成であり、MSCI東南アジアインデックスの方が155銘柄と分散が効いています。

国別構成比率 及び 業種別構成比率は下記の通りです。 
 

(2019年7月13日更新)


 


MSCI東南アジアインデックス 国別構成比率

5ヶ国の国別構成比率は以下の通りです。(2019年6月28日時点)

構成国(全5ヶ国) 比率
シンガポール 28.9%
タイ 25.5%
マレーシア 18.1%
インドネシア 18.0%
フィリピン 9.5%



MSCI東南アジアインデックス 業種別構成比率

業種別構成比率は以下の通りです。(2019年6月28日時点)

業種 比率
金融 34.7%
工業 10.9%
電気通信サービス 10.8%
生活必需品 10.0%
不動産 9.0%
エネルギー 6.2%
素材 5.4%
一般消費財 5.2%
公益 4.3%
ヘルスケア 3.0%
情報技術 0.5%



MSCI東南アジアインデックス 組入上位10銘柄比率

MSCI東南アジアインデックスの組入上位10銘柄の構成比率は以下の通りです。(2019年6月28日時点)。DBSグループやOCBC銀行など銀行が上位にいるのが特徴です。

MSCI東南アジアインデックス 組入上位10銘柄比率



MSCI東南アジアインデックスをベンチマークや参考指数にしているファンド

MSCI東南アジアインデックスを参考指数とするファンドとして、以下のアクティブファンドがあります。

ファンド 信託報酬(税抜)
アセアン成長国株ファンド 1.73%


 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る