次世代米国代表株ファンド(愛称:メジャー・リーダー)の評価

次世代米国代表株ファンド(愛称:メジャー・リーダー)は、ダウ・ジョーンズ工業株価平均(ダウ工業株30種)参考指数とする米国株式アクティブファンドです。2013年5月28日に設定されました。
次世代米国代表株ファンド(愛称:メジャー・リーダー)


ニューヨーク証券取引所上場およびNASDAQ登録企銘柄の中から「ダウ・ジョーンズ工業株価平均構成銘柄や時価総額100億ドル以上の計30銘柄」に投資します。

ノーロード(購入手数料無料)では購入できませんでしたが、2016年1月20日よりSBI証券にてノーロード化されました。

(2016年1月30日更新)


 


次世代米国代表株ファンド(メジャー・リーダー)の基本的情報

・購入単位:SBI証券にて最低500円より積立購入可能。
・信託報酬:年率1.45%(税抜)
信託財産留保額:なし
・決算:年4回(3月7日、6月7日、9月7日、12月7日)
・資産配分比率: 米国株式計30銘柄に投資(2015年12月30日時点)

組入上位10銘柄の構成比率は以下の通りです。
ボーイング、ディズニー、3M、ナイキとダウ・ジョーンズ工業株価平均組入銘柄と同じ銘柄が多いです。逆にダウ・ジョーンズ工業株価平均に組み入れられているIBMをはずし、ブラックロックやダナハーを入れてきています。

次世代米国代表株ファンド(メジャー・リーダー) 組入上位10銘柄の構成比率

・償還日:無期限
・運用:三菱UFJ国際投信
・為替ヘッジ:なし

次世代米国代表株ファンド(メジャー・リーダー)の評価は?

ダウ・ジョーンズ工業株価平均(NYダウ)を参考指数とする数少ないアクティブファンドです。以下、気になる点を指摘してみましょう。

過去2年3か月のリターンはインデックスファンドを上回る優秀なファンド

アクティブファンドの存在意義は、参考指数であるNYダウのインデックスファンドに、リターンが勝つことの1点のみです。高いコストを負担するんですから、当然です。

以下が、約2013年11月から約2年3か月での次世代米国代表株ファンド(メジャー・リーダー)(信託報酬1.45%)と、SMTダウ・ジョーンズ インデックス・オープン(信託報酬0.50%)とのリターン比較です。

次世代米国代表株ファンド(メジャー・リーダー)とSMTダウ・ジョーンズ インデックス・オープンの過去リターン比較


NYダウをベンチマークとするSMTダウ・ジョーンズ インデックス・オープンに対して、過去2年3ヶ月で9.35%リターンが高く、存在価値のある優秀なアクティブファンドと言えます。

過去のリターンと将来のリターンは無関係ではありますが、購入された方は狙い通り、インデックスファンドより良いリターンを出せたことは評価できます。


年4回の分配金が余計

ただし惜しいことに年4回も決算があり、1回に1万口あたり500円など多くの分配金を出し、普通分配金の場合の税金が取られる分非効率です。上記のリターンは分配金に全く税金がかからないというありえない仮定でのリターンであり、実際は分配金を出す分下がってしまいます。

次世代米国代表株ファンド(メジャー・リーダー)の分配原資の内訳


また、ETFのように基本的にタコ足分配しないのであれば問題ありませんが、メジャー・リーダーの分配金は上記のように、全てをその期の収益からねん出できていません。という事は人によっては元本を取り崩された可能性もあるという事で、こういう分配は問題あります。


実質コストの確認

運用報告書記載の費用明細より実質コストを確認します。以下が、運用報告書記載の1万口当たりの費用明細(半年分)です。これより年間の実質コストは0.93%×2 =年1.86%(税込)と計算できます。高いですね・・・。

次世代米国代表株ファンド(メジャー・リーダー) 運用報告書記載の1万口当たりの費用明細


コストは確実にリターンを削るので、これだけの高コストがかかりながら、今後もはるかに低コストのインデックスファンドよりも高いリターンを出せるかは、疑問です。

また、アセットアロケーションの先進国株式部分は、米国株式に限らず、国際分散投資を基本に低コストのたわらノーロード 先進国株式(信託報酬0.225%)や、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド(信託報酬0.24%)等の、超低コストファンドをメインにするべきでしょう。



次世代米国代表株ファンド(メジャー・リーダー)の購入先

次世代米国代表株ファンド(メジャー・リーダー)をノーロードで購入できる銀行・証券会社は、以下の通りです。SBI証券さんのみ、優秀な成績を挙げているアクティブファンドをノーロードで提供です。SBI証券さん、ナイスですね。

SBI証券

あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を、証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、 SBI証券 の利用がコストを徹底的に抑えられるのでベストだと思います。



 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る