マネックスユニバーシティ・内藤社長からのメッセージ

長期投資の大先輩方の集うセミナーに出席して、長期投資を実行するにあたっての心構えや、投資の入り口でためらいを感じている初心者の方に、とても有意義なメッセージの数々を頂いてきましたので、紹介いたします。

このページでは、マネックスユニバーシティの内藤社長

右の写真の通り、なかなかの男前です。

中身もしっかりと理論武装されている感じ。聴衆を前に具体的で分かりやすい説明をしてくれるなど、非の打ちどころのない人の典型のようなお方。

そういう意味で、ちょっと怖いな、と思いました・笑



ちなみにマネックスユニバーシティの内藤社長の肉声はこんな感じ。ちょっとですが、ユーチューブで雰囲気を知る事ができます。

さて、マネックスユニバーシティの内藤社長からメッセージ、下記の通りとなります。

マネックスユニバーシティ・内藤社長からのメッセージ

マネックスユニバーシティの内藤社長、ちょうど世界的にあり得ないほどの株の大暴落のさなかにあっても、まったくそんな事は気にも留めていない様子でした。

まず最初に発言したのが次の点。

①時間の分散をしましょう


今の暴落相場はを長期的に見るか短期的に見るかで、投資スタイルは全く違ってきます。短期ではまだ下がる余地があるのかも知れない。が、長期で見ると、明らかに売られ過ぎの状況であることも確かなのです

でも、だからと言って資金の全てを一挙に投じるのはダメです。

長期投資で大変有利な点は、時間を分散できる、と言う事です。ある程度時間を分散して買っていく事が大事です。

②実際にとった投資の記録をしましょう


売り買いした時に、どのような気持ちからそう言った行動をとったのか、そしてその時の円のレートや市場平均(日経平均など)等の指標がどうだったのか、ちょっとした事からで結構ですから、必ず記録を取るようにして見て下さい。

いずれ必ず、同じように売り買いで悩む時が来るはずです。その際に、以前の記録を見つめなおす事で、冷静になる事ができます。以前失敗したのであれば、そこから学ぶ事ができ、同じ過ちを繰り返さなくなります

③資産を把握しましょう


こういう暴落相場だと、投資した資産の現状を見るのも嫌だ!と言う人が増えます。

実際、楽天証券のデータによると、この大きな暴落時に、ログインして資産をチェックする人が大幅に減少しているようです。

お気持ちは分かります。

けれども、一歩踏み込んで、自分の資産をもう一度把握して下さい。自分の取る事の出来るリスクが適切なのかどうか、資産の配分が良いのかどうか、こういう時こそチェックして、見直すチャンスです


次に内藤さん、司会者の質問に答えて、次のような事もおっしゃっていました。

長期的視点として、皆がドルを売りだしたらどうなるのか? 米国への一極偏重の世界ののちはどのようになってゆくのか? おそらく中国やインドだろう。人口が多いというのはアドバンテージだ。その意味からすると、BRICsはやはり有望だ。

ただし、簡単にはシフトしない。となると、その時々に応じて、実態に即した対象に投資すべきだ。

BRICsが良いならさらにその次のマーケットを求めて、たとえばアフリカ諸国など、新興国にも入らないようなフロンティアマーケットに投資するなどと言った行動は疑問だ。

個人的には中国に一番興味を持っている。

このあたりは澤上社長とかなりスタンスが異なっており、ディスカッションが面白かったです。

また、ジャスダックやマザーズなどの国内新興市場については、次の指摘がありました。

新興市場の低迷は、新興市場そのものに対する不信感の表れだ。

良い企業もあるが、中にはいい加減な会社もあるので、投資家からしたら信用できない。もっと上場の基準を厳格にして、安心して買えるようにしないといけない。


投資家に向けても、厳しいながらも普遍的なメッセージが。

今、それらが(澤上社長が指摘したような世界にジャブジャブに溢れ返ったバーチャルマネーと、それに群がった投資銀行などの関係者が)粛清されようとしている。

そして、投資家そのものも、市場に残れるかどうか、選別されつつある

行動し続けられる人はこの21世紀も、自分の足で人生を生きてける。

あ、そうそう、今回のセミナー会場は定員500名に対してたった100名しか集まりませんでした。それについても言及していたのが印象的です。

前回の上げ相場(サブプライムの直前まで)で、あれはどこだったかな? 早稲田かどこかだと思ったけど、同じようなセミナーをやると会場にぎっしり人が集まるんですよ。で、熱気もムンムンして。

けれども、そういう人たちは高値で掴まされた人たちと言えるかも知れませんね、今から振り返ると。

今ここに、集まっているような人のほうが、賢明だと思います

会場に来た人の大体8割がすでに投資した経験のある人たちのようです。もしかしたらすでに大損している人が(管理人のように・笑)、勇気をもらいに来ているのかも知れませんね。心身を落ち着かせるために。

しかし、僕の隣で一人で来ていた若い女性は、投資経験が初めての方のようでした。

こういう方が、「投資信託は投機の対象商品ではない」と言う事をしっかり認識して、身の丈に合った投資を継続的に出来るようになってほしいと思いました。

投資初心者へのメッセージ(長期投資の大先輩3名より)に戻る

  

マネックスユニバーシティの内藤社長の所属するグループ企業、マネックス証券については、こちらについては、こちらからご確認ください。

★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る