マニュライフ・カナダ債券ファンド(愛称:メープルギフト)の評価・解説

マニュライフ・カナダ債券ファンド(愛称:メープルギフト)は、FTSE/TMXカナダ・オール・コーポレート・ボンド・インデックス参考指数とし、BBB格以上のカナダドル建ての社債に投資メープルギフトする毎月分配型のカナダ債券アクティブファンドです。

信託報酬が年1.34%と先進国債券ファンドとしては高く、アクティブファンドにも関わらず参考指数を下回っています。

さらに毎月取られる税金分、非効率な毎月分配型ファンドであり、投資価値が見いだせない投資信託と言えます。

(2015年7月6日更新)



マニュライフ・カナダ債券ファンド(メープルギフト)の特徴

・購入単位:証券会社により異なりますがSBI証券では最低500円より積立購入可能。
信託報酬年率1.34%(税抜)
信託財産留保額:なし
・決算:毎月20日。 1万口あたり40円の分配金を毎月、律儀に切り崩しています。
・資産配分比率: カナダドル建て社債計68銘柄に投資(2015年5月29日時点)

投資対象の業種別組入比率は以下の通りです。

マニュライフ・カナダ債券ファンド(メープルギフト) 業種別構成比率


債券格付け投資比率は以下の通りです。

マニュライフ・カナダ債券ファンド(メープルギフト) 債券格付構成比率



・償還日:無期限
・運用:マニュライフ・インベストメンツ・ジャパン株式会社
・為替ヘッジ:なし

 



マニュライフ・カナダ債券ファンド(メープルギフト)の評価

先進国債券の中のカナダ1ヶ国の社債に投資するだけのファンドで、信託報酬1.34%は高すぎます。

資源国であるカナダドル建て社債に投資する毎月分配型ファンドということで、高金利の豪ドル債券を投資対象とするコンセプトの国際オーストラリア債券オープン(毎月決算型)同様、毎月の分配金が全て利益だと勘違いしている投資家が興味を持ちそうなファンドです。

参考指数と比較してもリターンは一貫して下回っており、分配金を出す分その税金を払う影響でさらにリターンは下がります。投資価値はあるのか?という事です。

外国債券ファンドの期待リターンは、コストを引く前で国内債券ファンドと同一です。

カナダドル・円の為替レートに左右される為替リスクを受け取っても、期待リターンは増えないため、わざわざ本ファンドのように高コストなものを選ぶ必要はありません。コストの分、損をすると言ってもよいでしょう。

外国債券ファンドを選ぶ際は、22ヵ国の国債を投資対象にした<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド(信託報酬0.38%(税抜))等の、低コストファンドを選ぶべきです。

外国債券ファンドはアセットアロケーションの核にはならないため、投資比率は資産全体の一部にとどめておくのが無難です。



マニュライフ・カナダ債券ファンド(メープルギフト)の購入先

マニュライフ・カナダ債券ファンド(メープルギフト)をノーロードで購入できる銀行・証券会社は、以下の通りです。

フィデリティ証券SBI証券楽天証券
マネックス証券イオン銀行

あわせて、 管理人神推しの証券口座のページ を、証券会社選びにお役立て下さい。
管理人的には、 SBI証券 の利用がコストを徹底的に抑えられるのでベストだと思います。



 


★この記事が参考になりましたら、ブックマークもしくはシェアをお願いいたします

ページトップへ戻る